シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 既設道路防雪林の機能向上に向けた取り組み-天塩町雄信内での補助柵設置による視界不良対策事例 - (P459~464)

作成年度 2021年度
論文名 既設道路防雪林の機能向上に向けた取り組み-天塩町雄信内での補助柵設置による視界不良対策事例 - (P459~464)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2022/02/14 ~ 2022/02/17
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地土木研究所 雪氷チーム松島 哲郎(MATSUSHIMA Teturo)
(未記入)西村 敦史(NISHIMURA Atsushi)
(未記入)高橋 渉(TAKAHASHI Wataru)
抄録
防雪林とは、道路の風上側、または両側に、アカエゾマツなどの常緑針葉樹を配置し飛雪や風速を弱め、吹雪による視界不良を軽減する防雪施設である。道路防雪林の歴史は古いが、様々な要因で、防雪機能が発揮できない林帯も存在するのが実態である。本論文では、防雪林内部で下枝の枯れ上がりが進行している林帯に対し、補助柵の設置を行い視界不良が軽減された事例を報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.