シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 道路テレメータ設備のコスト縮減について-光ファイバ接続とIP化によるメリット- (P819~822)

作成年度 2021年度
論文名 道路テレメータ設備のコスト縮減について-光ファイバ接続とIP化によるメリット- (P819~822)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2022/02/14 ~ 2022/02/17
所属研究室/機関名 著者名(英名)
留萌開発建設部 施設整備課大畑 直仁((no entry))
(未記入)山田 誠((no entry))
(未記入)三谷 学人((no entry))
抄録
北海道開発局では道路を安全に管理することを目的として気象データを観測するテレメータ設備を整備している。従来は無線によるデータ通信を行っていたが、国道上における様々な通信を目的として整備した光ファイバケーブルへの接続を行うことで無線を廃止し、さらにデータのI P 化を行うことでデータ集約を行う監視装置の大幅な削減が可能となった。本発表ではその手法とコスト縮減効果について報告を行う。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.