シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 再生骨材と普通骨材を混合使用したコンクリートの乾燥収縮特性 (P855~859)

作成年度 2021年度
論文名 再生骨材と普通骨材を混合使用したコンクリートの乾燥収縮特性 (P855~859)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2022/02/14 ~ 2022/02/17
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地土木研究所 耐寒材料チーム山内 稜(YAMAUCHI Ryo)
(未記入)吉田 行(YOSHIDA Susumu)
(未記入)島多 昭典(SHIMADA Akinori)
抄録
再生骨材をコンクリートに使用すると乾燥収縮が増大するため、その適用拡大を図るには収縮抑制対策が必要である。一方、再生骨材のJIS規格の改正で、所定の条件を満たせば再生骨材Lと普通骨材を混合して再生骨材コンクリートMとして出荷できるようになった。普通骨材との混合使用は収縮低減効果も期待できるため、本研究では、再生骨材と普通骨材を混合使用したコンクリートの乾燥収縮特性について検討した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.