シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 秋まき小麦のかん水による増収効果について (P900~903)

作成年度 2021年度
論文名 秋まき小麦のかん水による増収効果について (P900~903)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2022/02/14 ~ 2022/02/17
所属研究室/機関名 著者名(英名)
札幌開発建設部 農業計画課遠藤  樹((no entry))
(未記入)本間  聡((no entry))
抄録
 北海道を代表する畑作物の一つである小麦(秋まき小麦)について、これまでは無かん水作物として扱われてきた。しかし近年、秋まき小麦への粒状肥料の追肥に合わせたかん水によって肥効が促進され、増収につながる場合が多いとされている。 本報では、具体的な増収効果を検証するために札幌開発建設部管内の小麦作付ほ場において実施した、追肥直後のかん水試験について報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

© 2023 Civil Engineering Research Institute for Cold Region, All rights reserved.