シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 オホーツク海における「うねり性波浪」の特性―冬季・海氷が果たす役割― (P568~572)

作成年度 2022年度
論文名 オホーツク海における「うねり性波浪」の特性―冬季・海氷が果たす役割― (P568~572)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第66回(2022年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2023/02/14 ~ 2023/02/16
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地土木研究所 寒冷沿岸域チーム岩﨑 慎介(IWASAKI shinsuke)
(未記入)大塚 淳一(OTSUKA Junichi)
(未記入)酒井 和彦(SAKAI Kazuhiko)
抄録
オホーツク海の海氷減少により、波浪増大や、それに伴う高波被害、海岸侵食の促進、構造物の安定性低下などの被害が危惧されている。しかし、海氷域に関する波浪研究は、急速な海氷減少が顕著な北極域では盛んに行われているものの、オホーツク海に着目したものは多くない。本稿では、オホーツク海における「うねり性波浪」の強度や頻度、それに対する海氷の影響について、過去40年の波浪モデルに基づいた解析結果を報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

© 2023 Civil Engineering Research Institute for Cold Region, All rights reserved.