シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 植物繊維を用いた重金属類を含む排水の浄化事例について (P726~729)

作成年度 2022年度
論文名 植物繊維を用いた重金属類を含む排水の浄化事例について (P726~729)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第66回(2022年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2023/02/14 ~ 2023/02/16
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地土木研究所 防災地質チーム岡﨑 健治(OKAZAKI Kenji)
(未記入)倉橋 稔幸(KURAHASHI Toshiyuki)
(未記入)榊原 正幸((no entry))
抄録
土木事業では重金属類を含む排水が発生する場合があり、その処理では処分場への搬出、または基準値以下への浄化後に放流するなど、コストや環境負荷が生じている。 そこで、排水の浄化を目的として、植物繊維を敷設した人工水路で重金属類を含む排水を循環させ、排水の経時的な濃度の変化を調べた。その結果、排水中のヒ素の濃度は循環開始2日後に3分の1程度に減少し、7日後に環境基準値以下となった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

© 2023 Civil Engineering Research Institute for Cold Region, All rights reserved.