シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

論文<研究室別>

雪氷チーム  (旧 応用理化学研究室)

2017年度 <<  >>  2019年度

2018年度

発表年月 タイトル 著者 発表先
2019年03月11日切土道路に発生する吹きだまりの発達過程に関する調査事例 武知 洋太/大宮 哲/松澤 勝/高橋 丞二/小中 隆範寒地土木研究所月報 第790号
2019年02月12日国際雪科学ワークショップ(ISSW)2018に参加して 松下 拓樹/高橋 渉/幸田 勝/太田 広寒地土木研究所月報 第789号
2019年02月08日北海道内における国道通行止めと吹雪量の関係に関する一考察大宮 哲/金子 学/武知 洋太/高橋 丞二/松澤 勝第31回ゆきみらい研究発表会
2019年02月07日雪崩予防柵に発生する巻きだれの安定度評価手法について高橋 渉/松下 拓樹/高橋 丞二/松澤 勝第31回ゆきみらい研究発表会
2018年12月10日AI(人工知能)とは 國分 徹哉寒地土木研究所月報 第787号
2018年12月05日降雪の発生頻度に関する簡易評価手法松下 拓樹/高橋 渉/高橋 丞二第34回寒地技術シンポジウム
2018年12月05日雪崩予防柵に発生する巻きだれの安定度計算について高橋 渉/松下 拓樹/高橋 丞二/松澤 勝第34回 寒地技術シンポジウム
2018年12月05日暴風雪警報時における「吹雪の視界情報」アクセス数の推移について國分 徹哉/武知 洋太/大宮 哲/高橋 丞二/松澤 勝第34回寒地技術シンポジウム
2018年11月29日インターネットによる吹雪視界情報提供とその効果國分 徹哉/武知 洋太/大宮 哲/高橋 丞二/松澤 勝2018 技術集
2018年11月12日雪崩予防柵に発生する巻きだれの観測について 高橋 渉/松下 拓樹/高橋 丞二/松澤 勝寒地土木研究所月報 第786号
2018年11月12日エネルギーミックス 高橋 丞二寒地土木研究所月報 第786号
2018年10月31日広葉樹林における乾雪表層雪崩の発生条件について松下 拓樹/高橋 渉/松澤 勝/高橋 丞二日本雪工学会論文集
2018年10月31日寒地土木研究所における雪崩予防柵に関する研究について高橋 渉/松下 拓樹/高橋 丞二日本雪工学会誌
2018年10月29日降雪事例の発生頻度に関する簡易推定法について松下 拓樹/高橋 渉/高橋 丞二日本気象学会2018年度秋季大会
2018年10月29日X-MPを用いた地上吹雪の定量的把握の可能性大宮 哲/國分 徹哉/松下 拓樹/高橋 丞二日本気象学会2018年度秋季大会
2018年09月18日超短パルスレーザーによる道路構造物に利用される金属の撥水性付与技術に関する研究櫻井 俊光/染川 智弘/松下 拓樹/高橋 丞二/井澤 靖和/松澤 勝第79回応用物理学会秋季学術講演会
2018年09月10日“ひと降り”降雪深の発生頻度の簡易評価手法松下 拓樹/高橋 渉/高橋 丞二雪氷研究大会(2018・札幌)
2018年09月10日「吹雪の視界情報」の活用状況に関する調査國分 徹哉/武知 洋太/大宮 哲/高橋 丞二/松澤 勝雪氷研究大会(2018・札幌)講演要旨集
2018年09月10日XバンドMPレーダを用いた地上吹雪の観測可能性について大宮 哲/國分 徹哉/松下 拓樹/高橋 丞二/松澤 勝雪氷研究大会(2018・札幌)
2018年09月10日降雪時における吹雪量推定式の提案大宮 哲/武知 洋太/高橋 丞二/松澤 勝雪氷研究大会(2018・札幌)
2018年09月10日雪粒子の空気輸送モデルによる地吹雪メカニズムの解明大風 翼/新屋 啓文/大宮 哲/根本 征樹雪氷研究大会(2018・札幌)
2018年09月10日吹雪時の国道通行止めと気象要因に関する一考察金子 学/大宮 哲/武知 洋太/高橋 丞二/松澤 勝雪氷研究大会(2018・札幌)
2018年09月10日吹雪量と高さ1m及び7mの飛雪流量との関係武知 洋太/大宮 哲/松澤 勝/高橋 丞二雪氷研究大会(2018・札幌)
2018年09月10日雪崩予防柵上の巻きだれの形成過程に関する現地観測(2) 高橋 渉/松下 拓樹/高橋 丞二/松澤雪氷研究大会 2018札幌
2018年09月10日林帯幅の異なる道路防雪林の防風効果について櫻井 俊光/高橋 渉/伊東 靖彦/高橋 丞二/松澤 勝雪氷研究大会(2018・札幌)
2018年09月10日超短パルスレーザーによる金属の撥水性付与について櫻井 俊光/染川 智弘/松下 拓樹/高橋 丞二/井澤 靖和/松澤 勝雪氷研究大会(2018・札幌)
2018年09月10日高密度集中観測による吹雪の時空間構造の解明根本 征樹/西村 浩一/大宮 哲/櫻井 俊光/下山 宏/新屋 啓文/羽賀 秀樹/伊藤陽一雪氷研究大会(2018・札幌)
2018年09月10日第19回SIRWEC国際道路気象会議への参加報告大宮 哲/武知 洋太寒地土木研究所月報 第784号
2018年09月10日吹雪時の交通行動判断を支援する「吹雪の視界情報」の技術開発が全建賞受賞國分 徹哉寒地土木研究所月報 第784号
2018年08月10日「最大吹きだまり量」の算出について 伊東 靖彦寒地土木研究所月報 第783号
2018年08月07日「吹雪の視界情報メール配信サービス」から見るユーザ情報ニーズの一考察國分 徹哉/武知 洋太/大宮 哲/高橋 丞二/松澤 勝交通工学研究発表会論文集
2018年07月10日防雪柵開口部における運転挙動の考察 小中 隆範/金子 学/高橋 丞二/松澤 勝寒地土木研究所月報 第782号
2018年07月10日「第15回PIARC 国際冬期道路会議グダンスク大会」に参加して 齊田 光, 徳永 ロベルト/高橋 尚人/松澤 勝/伊東 靖彦, 松下 拓樹, 國分 徹哉/田中 俊輔/牧野 正敏, 幸田 勝, 伊藤 義和寒地土木研究所月報 第782号
2018年06月11日降雪および吹雪検知センサーとしての大気電場計の活用可能性について大宮 哲/鴨川 仁/松澤 勝寒地土木研究所月報 第781号
2018年05月10日短時間多量降雪時の雪崩発生リスクを簡便に把握する手法 松下 拓樹/高橋 渉/松澤 勝寒地土木研究所月報 第780号
2018年05月10日部材表面の濡れと難着雪技術の研究動向について 櫻井 俊光寒地土木研究所月報 第780号
ページの先頭へ
ホームヘ 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.