シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

論文<研究室別>

寒冷沿岸域チーム  (旧 港湾研究室 / 水工研究室)

2011年度 <<  >>  2013年度

2012年度

発表年月 タイトル 著者 発表先
2013年02月10日氷海域における波浪推算手法と確率波高の将来変化の検討菅原 吉浩/山之内 順/山本 泰司寒地土木研究所月報第717号
2013年02月10日第33回海岸工学に関する国際会議(ICCE2012)参加報告大塚 淳一寒地土木研究所月報第717号
2013年02月02日直積みブロックを用いた道路護岸に関する水理模型実験金谷実/木村 克俊/上久保勝美土木学会北海道支部年次技術研究発表会
2013年02月02日東北地方太平洋沖地震による北海道太平洋沿岸の津波特性に関する一考察森 昌也/山本 泰司土木学会北海道支部年次技術研究発表会
2012年11月14日内部ケルビン波の砕波により誘起される流れ中山 恵介/小窪 一毅/新谷 哲也/大塚 淳一/丸谷 靖幸/渡部 靖憲/駒井 克昭/岡田 知也土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 68,No.2
2012年11月14日移動床砕波帯の流速場時空間変動と底質輸送に関する実験的研究大塚 淳一/渡部 靖憲/林 倫史土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 68,No.2
2012年11月14日海氷減少を考慮したオホーツク海における波浪の将来変化菅原 吉浩/山之内 順/山本 泰司土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 68,No.2
2012年10月30日アンケートによる流氷に関する意識調査河合 孝治/木岡 信治/成田 恭一/寺島 貴志/竹内 貴弘第28回寒地技術シンポジウム
2012年10月30日海氷による鋼構造物の損耗要因に関する一考察 ~アブレシブ摩耗の可能性について~木岡 信治/成田 恭一/宮崎 均志/河合 孝治/遠藤 強/竹内 貴弘第28回寒地技術シンポジウム
2012年09月10日第21回国際水圏環境工学会 氷に関するシンポジウム(The 21st IAHR Symposium on Ice)に参加しました阿部 孝章/吉川 泰弘/西原 照雅/木岡 信治寒地土木研究所月報第712号
2012年09月10日雄冬漁港におけるハタハタの産卵状況について(第2報)岡元 節雄/関口 浩二/大橋 正臣/山本 潤寒地土木研究所月報第712号
2012年09月05日消波ブロック被覆堤に配置した前面小段の波力低減効果について本山 賢司/上久保 勝美土木学会 第67回 年次学術講演会
2012年09月04日海氷塊の杭構造物への衝突に関する中規模実験とその数値計算法の基礎的検討木岡 信治/竹内 貴弘/蟹江 俊仁土木学会論文集A2分冊(応用力学)特集号
2012年06月27日氷の圧縮破壊時に発生する比較的高い圧力領域の特性について竹内 貴弘/木岡 信治土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.68
2012年06月27日国道238号猿払海岸道路における路肩部の高波被害とその復旧越智 聖志/木村 克俊/宮武 誠/上久保 勝美土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.68
2012年06月27日海氷の摩耗による鋼構造物の損耗特性に関する基礎的研究木岡 信治/遠藤 強/竹内 貴弘土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.68
2012年06月10日上久保 勝美 寒冷沿岸域チーム研究員 博士(工学)の学位授与される山本 泰司寒地土木研究所月報第709号
2012年06月10日オホーツク海沿岸における流氷勢力の変動と波高の変化について山之内 順/菅原 吉浩/関口 浩二寒地土木研究所月報第709号
2012年05月23日Particle size and sources of suspended sediment from mountain to coastal area水垣 滋/村上 泰啓/大塚 淳一/丸山 政浩/久保 まゆみ/浜本 聡平成24年度砂防学会研究発表会
2012年05月23日Particle size and sources of suspended sediment from mountain to coastal area水垣 滋/村上 泰啓/大塚 淳一/丸山 政浩/久保 まゆみ/浜本 聡平成24年度砂防学会研究発表会
2012年05月18日屋根付き岸壁における日射防止の効果について本山 賢司/佐藤 仁/鎌田 昌弘平成24年度日本水産工学会学術講演会
2012年04月13日寒冷沿岸域チームの紹介山本 泰司寒地土木研究所月報第707号
ページの先頭へ
ホームヘ 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.