シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 道路橋床版の凍害損傷とアルカリ骨材損傷の比較

作成年度 2013年度
論文名 道路橋床版の凍害損傷とアルカリ骨材損傷の比較
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成25年度年次技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成25年度 論文報告集(第70号)CD-R
発表年月日 2014/02/01 ~ 2014/02/02
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(一財)土木研究センター大田 孝二(OHTA Koji)
寒地構造チーム岡田 慎哉(OKADA Shinnya)
抄録
凍害損傷とASR 反応による床版損傷が極めて類似点が多いことが分かった.もちろん,寒冷地以外では凍害はなく,また,骨材の詳細調査によってASR の断定はできることから,床版損傷原因の特定は可能である.しかし,損傷形態のみから損傷原因を判断し,その対策工 法を選定することが可能となれば,ASR の場合に行うコア抜きや骨材調査に要する高価な調査費用も補修費に回すことができる.現在,著者が委員長,委員を務める「道路橋床版の複合劣化に関する調査研究小委員会」では,損傷原因毎の兆候,点検項目,損傷過程などを取りまとめる方向で,平成27 年度までの予定で委員会を進めている.凍害,ASR 損傷とも今後の調査・検討を深めていきたいと考えている.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.