シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

  事業を理解し身近に感じてもらえる広報の取組-記者の目を惹きつける報道発表資料と現地レクチャーの工夫-

作成年度 2014年度
論文名 事業を理解し身近に感じてもらえる広報の取組-記者の目を惹きつける報道発表資料と現地レクチャーの工夫-
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第56回(平成26年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2015/02/17 ~ 2015/02/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
稚内開発建設部 広報官付中島 美恵子((no entry))
(未記入)後藤 慶作((no entry))
抄録
稚内開発建設部において、報道機関の記者が開発事業を理解し身近に感じてもらえるよう工夫した広報の取組について、報道発表資料の構成等の工夫や取材対応、記者の目を魅了した現地レクチャーでの工夫など、代表事例4件を紹介する。この代表事例の報道結果から効果を検証し、「充実したかつインパクトのある広報」のケーススタディとして整理し、今後の開発局職員の広報マインド向上と広報技術に係るスキルアップに資する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.