シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 PITタグシステムを用いた長期的なサクラマスの行動把握

作成年度 2015年度
論文名 PITタグシステムを用いた長期的なサクラマスの行動把握
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第59回(平成27年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2016/02/16 ~ 2016/02/18
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム林田 寿文(HAYASSHIDA Kotofumi)
(未記入)新居 久也((no entry))
(未記入)田中 智一朗((no entry))
抄録
美利河ダムでサクラマス幼魚にPITタグを装着した降下調査を実施している。PITタグは電池不要で長期間の使用が可能であるため、降下幼魚に加え、産卵遡上する親魚も検知できることが期待される。加えてPITタグシステムを遠隔操作できる機器を導入した。その結果、遡上日や遡上行動から勘案してH26年に2尾、H27年に2尾の親魚と想定されるサクラマスが、美利河ダム魚道を遡上したことがリアルタイムで確認できた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.