シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 海氷によるコンクリート摩耗を対象とした水中摩耗試験法の開発

作成年度 2018年度
論文名 海氷によるコンクリート摩耗を対象とした水中摩耗試験法の開発
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第43回 海洋開発シンポジウム(2018)
誌名(No./号数) 土木学会論文集B3(海洋開発)
発表年月日 2018/07/05 ~ 2018/07/06
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒冷沿岸域チーム長谷 一矢(HASE Kazuya)
寒冷沿岸域チーム増田 亨(MASUDA Toru)
寒冷沿岸域チーム木岡 信治(KIOKA Shinji)
抄録
氷海域におけるコンクリート構造物の劣化は,主に凍害,塩害そして海氷摩耗の複合劣化であると考えられる.海氷摩耗を伴う複合劣化の研究には,氷とコンクリートの摩耗試験が不可欠である.そして,摩耗特性を明確に把握するためにも長期間の摩耗試験が必要である.しかし,従来の気中における摩耗試験では,コンクリートの摩擦面に氷膜が形成され,摩耗の進行が抑制されてしまうことから,長期間の摩耗試験が困難であった.そこで筆者らは,氷膜の形成を抑制する水中摩耗試験法を開発した.不凍液中で摩耗試験を実施することにより,氷膜の形成が抑制され,長期間の摩耗試験が可能であることを確認した.また,気中,塩水中,不凍液中における氷とコンクリートの動摩擦係数に,ほとんど差がないことを確認した.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.