シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 平成30年北海道胆振東部地震において発生した斜面崩壊の特徴

作成年度 2019年度
論文名 平成30年北海道胆振東部地震において発生した斜面崩壊の特徴
論文名(和訳)
論文副題 CHARACTERISTICS OF LANDSLIDES TRIGGERED BY HOKKAIDO EASTERN IBURI EARTHQUAKE IN 2018
発表会 2019年度河川技術に関するシンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/06/12 ~ 2019/06/13
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水環境保全チーム村上泰啓(Yasuhiro Murakami)
水環境保全チーム水垣 滋(MIZUGAKI Shigeru)
水環境保全チーム西原 照雅(NISHIHARA Terumasa)
寒地河川チーム井波 友生(INAMI Yu)
研究連携推進監藤浪 武史(FUJINAMI Takeshi)
抄録
平成30年9月6日午前3時7分,北海道胆振地方東部,鵡川町を震源とする震度7の地震が発生1)した.図-1は9/6の震央に加え,厚真川流域界及び喜多らが公開した崩壊地6)を示した.この地震による死者は41名,重軽傷者は749名に達し,家屋の全壊は409棟,半壊・一部破損の家屋は9,725棟に達した2).地震により北海道全域が停電に見舞われた結果,交通網の混乱のほか,農水産業,製造業,各種サービス業が被害を受け,現在も避難所生活を送る住民も少なくない.本震災で特徴的だったのは,厚真町,安平町を中心に膨大な数の表層崩壊3)4)が発生したことが挙げられる.ここでは学識経験者と合同で斜面崩壊地の現地調査を行った結果に加え,北海道開発局が震災直後に実施した航空レーザー測量結果をもとに,崩壊地や堆積土砂の特徴を整理した結果を報告する.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.