シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 高流速条件下で発生する三角波の再現に関する研究

作成年度 2018年度
論文名 高流速条件下で発生する三角波の再現に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第62回(平成30年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2019/02/18 ~ 2019/02/21
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地河川チーム岩崎 理樹(IWASAKI Toshiki)
(未記入)井上 卓也(INOUE Takuya)
(未記入)矢部 浩規(YABE Hiroki)
抄録
急流河川では出水時に生じる高速流によって、河道内に三角波が発生することがある。近年の研究から、この三角波が河川構造物の安定性を低下させる要因になり得ることがわかってきた。三角波に強い河川構造物を設計する際には、三角波がどこで発生し、どのような流速を生じさせるかを予測する必要がある。本研究では、従来河川の数値解析に用いられてきた平面二次元モデルを改良し、三角波を数値的に再現することを試みる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.