シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 ライフサイクルコスト分析に基づく北海道型SMA適用の有効性に関する一検討 (P665~669)

作成年度 2019年度
論文名 ライフサイクルコスト分析に基づく北海道型SMA適用の有効性に関する一検討 (P665~669)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2020/02/18 ~ 2020/02/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地道路保全チーム田中 俊輔(TANAKA Shunsuke)
寒地道路保全チーム丸山 記美雄(MARUYAMA Kimio)
北海道科学大学 工学部亀山 修一((no entry))
抄録
北海道開発局が管理する高規格幹線道路では,2017年より排水性舗装に替わって北海道型SMAが適用されている.北海道型SMAは,排水性舗装より耐久性に優れるが,混合物単価が高くなる点が課題である.そこで本研究では,高規格幹線道路で実施した路面状況調査を基に,ライフサイクルコスト分析をおこなった.その結果から,北海道型SMA適用の有効性を,経済的観点から検討した.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.