シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

論文<研究室別>

地域景観チーム  (旧 地域景観ユニット)

2020年度 <<  >>  2022年度

2021年度

発表年月 タイトル 著者 発表先
2022年03月10日日本の「道の駅」モデルによる地域開発に関する国際協力に貢献しました松田 泰明/岩田 圭佑寒地土木研究所月報 第828号
2022年03月10日第34回日本道路会議における発表論文が優秀賞を受賞しました片野 浩司/畠山 乃/松田 泰明寒地土木研究所月報 第828号
2022年03月10日強剪定による街路樹の維持管理上の課題とその対策榎本 碧寒地土木研究所月報 第828号
2022年03月10日利用実態調査に基づく「道の駅」の駐車マス幅員に関する提案岩田 圭佑/大部 裕次/松田 泰明寒地土木研究所月報 第828号
2022年02月14日ラウンドアバウトにおける視距確保と対面見通しの適切な制御に関する検討 (P866~871)増澤 諭香/榎本 碧/松田 泰明第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
2022年02月14日剪定強度の違いによる街路樹の生育への影響 (P277~282)榎本 碧/松田 泰明/増澤 諭香第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
2022年02月14日電線類地中化事業における地上機器設置の課題と景観対策について (P87~92)大部 裕次/岩田 圭佑/松田 泰明第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
2022年02月14日「道の駅」の地域振興効果発現プロセスからみた効果的な運営手法に関する研究 (P82~86)岩田 圭佑/大部 裕次/松田 泰明第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
2022年02月14日より良いインフラをつくるために景観検討にどう取り組むか-現場で実践できる景観予測・評価の手順と手法- (P61~66)田宮 敬士/笠間 聡/松田 泰明第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
2022年02月14日道路ルートの観光的魅力に影響する要因に関する調査分析 (P44~49)笠間 聡/松田 泰明第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
2021年09月10日「道の駅」における景観向上の考え方について-景観向上のためのポイントブック発行に向けて-柳田 桃子/岩田 圭佑/松田 泰明寒地土木研究所月報 第822号
2021年09月10日公共事業の空間や景観を定量的に評価する方法田宮 敬士寒地土木研究所月報 第822号
2021年08月10日国道12号線における戦後建設された橋梁の技術的特徴榎本 碧/岩田 圭佑/松田 泰明寒地土木研究所月報 第821号
2021年07月10日画像に映る雲量や陽射しの有無が景観予測・評価結果に及ぼす影響田宮 敬士/笠間 聡/松田 泰明寒地土木研究所月報 第820号
2021年07月10日ニセアカシアに着目した札幌の街路樹整備榎本 碧/松田 泰明/岩田 圭佑寒地土木研究所月報 第820号
2021年06月10日日本におけるラウンドアバウト中央島の設計の現状と課題増澤 諭香/榎本 碧/松田 泰明/太田 広/宗広 一徳寒地土木研究所月報 第819号
2021年04月10日木材を利用した土木工作物における腐朽劣化の発生率の予測式と それに基づく維持管理頻度等の算定方法笠間 聡/松田 泰明寒地土木研究所月報 第817号
2021年04月10日地域景観チームの紹介松田 泰明寒地土木研究所月報 第817号
ページの先頭へ
ホームヘ 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.