シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード    
発表年月日 論文等名 著者 発表先
93年11月20日2次流とはどんな流れですか?開発土木研究所月報第486号
91年12月20日2次元貯水池における流況シュミレーション村上 泰啓(河川研究室員)/清水 康行(河川研究室副室長)開発土木研究所月報第463号
87年06月01日2次元流況計算と浮遊砂を考慮した河床変動計算-天塩川下流での適用-畑敏夫/窪田吉仁/伊藤丹昭和61年度技術研究発表会
90年02月01日2次元人工リーフの水理特性と周辺地形の変化について谷野賢二/大村高史/平沢充成平成元年度技術研究発表会
89年01月01日2次元人工リーフの水理特性と周辺地形の変化について谷野 賢二(港湾研究室)/大村 高史(港湾研究室)/平沢 充成(港湾研究室)第33回北海道開発局技術研究発表会
97年02月06日2次元モデルを用いた水制を含む河道の計算清水 康行(北海道大学)/板倉 忠興(北海道大学)/宗田 徳彦(河川研究室)土木学会北海道支部年次技術研究発表会
08年02月01日2次元および3次元DEMを用いた落石シミュレーションに関する検討-NUMERICAL STUDY FOR ROCKFALL SIMULATION USING 2D AND 3D DEM-表 真也(寒地構造チーム)/岡田 慎哉(寒地構造チーム)/日下部 祐基(防災地質チーム)平成19年度技術研究発表会
08年01月10日2次元および3次元DEMを用いた落石シミュレーションに関する検討表 真也(寒地構造チーム)/岡田 慎哉(寒地構造チーム)/石川 博之(寒地構造チーム)/伊東 佳彦(防災地質チーム)/日下部 祐基(防災地質チーム)第37回岩盤力学に関するシンポジウム講演集
21年06月10日2次元FEM熱伝導解析による断熱凍上対策の検討山木 正彦(寒地地盤チーム)/林 宏親(寒地地盤チーム)/佐藤 厚子(寒地地盤チーム)/畠山 乃(寒地地盤チーム(現 寒地交通チーム))寒地土木研究所月報 第819号
07年09月12日2次元FEM地震応答解析による免震橋の地震時実挙動の推定精度吉岡 勉(大日本コンサルタント㈱)/石川 博之(寒地構造チーム)/岡田 慎哉(寒地構造チーム)/佐藤 京(寒地構造チーム)/原田 政彦(大日本コンサルタント㈱)第62回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)
03年02月01日2径間PC斜張橋における高減衰ゴムダンパーを用いた斜材制振装置の自由振動実験について-R452星の降る里大橋-千葉隆広/内藤勲/石田樹平成14年度技術研究発表会
07年02月21日2層緩衝構造併用自立式落石防護擁壁の施工について― 一般国道278 号函館市外石崎災害防除外一連工事( 鹿部町大岩工区) の事例―下村 周史(函館開発建設部 函館道路事務所)/中道 圭(函館開発建設部 函館道路事務所)/岡田 慎哉(寒地構造チーム)平成18年度技術研究発表会
00年02月05日2層緩衝構造の緩衝特性に関する数値的研究池田 憲二(構造研究室)/岸 徳光(室蘭工業大学)/今野 久志(構造研究室)/川瀬 良司((株)構研エンジニアリング)第56回土木学会北海道支部論文報告集
00年02月05日2層緩衝構造の緩衝特性に関する数値的研究今野 久志(構造研究室)/岸 徳光(室蘭工業大学)/川瀬 良司((株)構研エンジニアリング)/池田 憲二(構造研究室)第56回土木学会北海道支部論文報告集
17年05月12日2回の航空レーザ測量により計測した積雪分布のパターンの類似性に関する研究西原 照雅(水環境保全チーム)/谷瀬 敦(水環境保全チーム)北海道の雪氷
16年05月13日2カ年の航空レーザ測量結果を用いた山間部における積雪分布と地形の関係に関する研究西原 照雅(水環境保全チーム)/谷瀬 敦(水環境保全チーム)北海道の雪氷
17年06月12日2カ年の航空レーザ測量により解明した山間部における積雪分布の特徴西原 照雅(水環境保全チーム)/谷瀬 敦(水環境保全チーム)寒地土木研究所月報 第769号
67年12月01日2ウエイサイドウイングの試作に付いて松原真佐美/堀川剛昭和41年度技術研究発表会
04年03月17日2ウェイ低水路を有する河川における河床変動計算に関する研究横山 洋(河川研究室)/渡邊 康玄(河川研究室)/鈴木 優一(河川研究室)第48回水工学論文集
94年12月20日2つの国際会議に参加して(その2)開発土木研究所月報第499号
ページの先頭へ
 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.