シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード    
発表年月日 論文等名 著者 発表先
21年12月10日幹線道路の歩行者事故対策としての二段階横断施設について四辻 裕文(寒地交通チーム)寒地土木研究所月報 第825号
21年12月10日擁壁を基礎とした落石防護柵の安定性照査手法の提案に向けた基礎的実験山澤 文雄(寒地構造チーム)/今野 久志(寒地構造チーム)/中村 拓郎(寒地構造チーム)/寺澤 貴裕(寒地構造チーム)/安中 新太郎(寒地構造チーム)寒地土木研究所月報 第825号
21年12月10日耐寒剤を用いたコンクリートのスケーリング抵抗性に関する研究 -養生方法、耐寒剤種類、配合に関する検討-長谷川 諒(耐寒材料チーム)/島多 昭典(耐寒材料チーム)寒地土木研究所月報 第825号
21年12月10日切羽に変状が生じたトンネルの切羽観察記録について岡﨑 健治(防災地質チーム)/倉橋 稔幸(防災地質チーム)寒地土木研究所月報 第825号
21年12月10日液状化する火山灰質地盤における杭基礎耐震性評価手法の 実地震波への適用性に関する考察江川 拓也(寒地地盤チーム)/林 宏親(寒地地盤チーム)/磯部 公一(北海道大学 大学院工学研究院 土木工学部門 准教授)寒地土木研究所月報 第825号
21年12月10日事前散布による非塩化物系凍結防止剤の散布効果試験について村上 健志(寒地交通チーム)/齊田 光(寒地交通チーム)/大廣 智則(寒地交通チーム)/畠山 乃(寒地交通チーム)寒地土木研究所月報 第825号
21年12月10日防雪柵開口部の斜行柵群による視程と風速の緩和対策松下 拓樹(雪氷チーム)/櫻井 俊光(雪氷チーム)/松島 哲郎(雪氷チーム)/吉井 昭博(雪氷チーム)/遠藤 康男(雪氷チーム)/西村 敦史(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第825号
21年12月01日畑作農家YouTuberとスマート農業川口 清美(寒地農業基盤研究グループ長)寒地土木研究所月報 第825号
21年11月10日生産空間を守る土木技術平野 誠治(寒冷沿岸域チーム)寒地土木研究所月報 第824号
21年11月10日表面研削処理アスファルト舗装路面の騒音低減及び骨材飛散抵抗性について佐藤 圭洋(寒地道路保全チーム)/田中 俊輔(寒地道路保全チーム)/丸山 記美雄(寒地道路保全チーム)寒地土木研究所月報 第824号
21年11月10日無電柱化に向けた掘削と配管敷設の基礎試験について永長 哲也(寒地機械技術チーム)/中島 淳一(寒地機械技術チーム)寒地土木研究所月報 第824号
21年11月10日暴風雪による視程障害時における除雪車周囲探知技術に関する検討新保 貴広(寒地機械技術チーム)/舟橋 誠(寒地機械技術チーム)寒地土木研究所月報 第824号
21年11月10日「補強土壁チェックリスト」を活用した品質管理法の運用橋本 聖(寒地地盤チーム)/川尻 峻三(北見工業大学 工学部 地域と歩む防災研究センター センター長・准教授)/小林 暁(国土交通省 北海道開発局 建設部 道路建設課 道路技術専門官)/林 宏親(寒地地盤チーム)寒地土木研究所月報 第824号
21年11月10日道路幅員構成等の分類による堆雪成長傾向分析について 飯田 美喜(寒地機械技術チーム)/植野 英睦(寒地機械技術チーム)/吉田 智(寒地機械技術チーム)寒地土木研究所月報 第824号
21年11月10日凍害と海氷摩耗の複合劣化試験法による各種モルタルの耐久性に関する一考察長谷 一矢(寒冷沿岸域チーム)寒地土木研究所月報 第824号
21年11月10日周氷河性斜面分布域における豪雨時の地表水・地下水の三次元数値解析吉野 恒平(防災地質チーム)/坂本 尚弘(防災地質チーム)/川又 基人(防災地質チーム)/倉橋 稔幸(防災地質チーム)寒地土木研究所月報 第824号
21年11月10日街巡りはインフラ巡り藤浪 武史(研究連携推進監)寒地土木研究所月報 第824号
21年11月10日コンクリートのひび割れ自己修復性の評価法に関する検討吉田 行(耐寒材料チーム)/山内 稜(耐寒材料チーム)/島多 昭典(耐寒材料チーム)寒地土木研究所月報 第824号
21年10月10日衝撃加速度を用いた盛土および固化改良盛土の品質管理技術佐藤 厚子(寒地地盤チーム)/樋口 侯太郎(寒地地盤チーム)寒地土木研究所月報 第823号
21年10月10日HYDRUS-1D を用いた土中への浸潤シミュレーションへの第一歩奥田 涼太(資源保全チーム)寒地土木研究所月報 第823号
ページの先頭へ
 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.