シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード    
発表年月日 論文等名 著者 発表先
19年02月08日北海道内における国道通行止めと吹雪量の関係に関する一考察大宮 哲(雪氷チーム)/金子 学(雪氷チーム)/武知 洋太(雪氷チーム)/高橋 丞二(雪氷チーム)/松澤 勝(寒地道路研究グループ長)ゆきみらい研究発表会
18年12月10日平成30年北海道胆振東部地震と寒地土木研究所 松澤 勝(寒地道路研究グループ長)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日コハク酸二ナトリウム・六水和物の凍結防止剤としての適用性に関する研究 佐藤 賢治(寒地交通チーム)/徳永 ロベルト(寒地交通チーム)/高橋 尚人(土木研究所企画部研究企画課研究評価・国際室長)/中島 範行(富山県立大学工学部医薬品工学科教授)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日機能性SMAにおける凍結防止剤および防滑材による路面管理に関する研究 田中 俊輔(寒地道路保全チーム)/丸山 記美雄(寒地道路保全チーム)/武市 靖(北海学園大学工学部社会環境工学科名誉教授)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日泥炭農地の長期沈下機構の解明と抑制手法の提案 横濱 充宏(寒地農業基盤研究グループ (資源保全チーム))寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日沿道景観と樹形・樹種の違いによる印象評価実験について ~景観機能を踏まえた樹種転換に向けて~ 高橋 哲生(地域景観ユニット)/松田 泰明(地域景観ユニット)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日風洞実験による防雪柵開口部における風速変化の把握 幸田 勝(寒地機械技術チーム)/伊藤 義和(寒地機械技術チーム)/植野 英睦(寒地機械技術チーム)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日埋込定着による補強鉄筋とアラミド繊維シートにより巻立て補強した RC橋脚の正負交番載荷試験 寺澤 貴裕(寒地構造チーム)/西 弘明(寒地構造チーム)/秋本 光雄(寒地構造チーム)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日除排雪の作業計画支援における路肩堆雪形成傾向把握に関する研究 村上 和也(寒地機械技術チーム)/植野 英睦(寒地機械技術チーム)/佐藤 信吾(寒地機械技術チーム)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日稚ナマコの生息環境と基質選択性の検討 稲葉 信晴(水産土木チーム)/梶原 瑠美子(水産土木チーム)/伊藤 敏朗(水産土木チーム)/大橋 正臣(東海大学生物学部海洋生物科学科准教授)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日積雪寒冷地におけるコンクリート舗装の設計・施工 上野 千草(寒地道路保全チーム)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日AI(人工知能)とは 國分 徹哉(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日IAHR-APD2018への参加及びiRIC講習会の実施に関する報告 横山 洋(寒地河川チーム)/川村 里実(寒地河川チーム)/井上 卓也(寒地河川チーム)/水垣 滋(水環境保全チーム)/伊波 友生(寒地河川チーム)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日TREPSEA2018への参加報告 岡﨑 健治(防災地質チーム)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日第11回国際ジオシンセティクス会議に参加して 橋本 聖(寒地地盤チーム)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日fibコングレスへの参加報告 林田 宏(耐寒材料チーム)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日MMV9国際会議に参加しました 笠間 聡(地域景観ユニット)/太田 広(特別研究監)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日国際構造コンクリート連合ミーティングへの参加報告 菊田 悦二(耐寒材料チーム)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日シリーズ「土木事業における地質課題」(4) 自然由来重金属等を含む建設発生土の地質課題 田本 修一(防災地質チーム)/品川 俊介(つくば中央研究所地質・地盤研究グループ地質チーム主任研究員)/野呂田 晋(北海道立総合研究機構環境・地質研究本部地質研究所資源環境部資源環境グループ主査(地質汚染))/大日向 昭彦(防災地質チーム)寒地土木研究所月報 第787号
18年12月10日第42回寒地道路連続セミナー(寒地道路研究グループ)を開催しました 佐藤 昌哉(寒地交通チーム)寒地土木研究所月報 第787号
ページの先頭へ
 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.