国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード      
発表年月日 論文等名 著者 発表先
24年05月10日令和6年度の国立研究開発法人土木研究所の業務運営に関する計画第1グループ(企画室)寒地土木研究所月報 第857号
24年05月10日UAV 撮影画像から河床材料の表面粒径分布を推定するための基礎調査柿沼 孝治(水環境保全チーム)/鈴木 朋子(水環境保全チーム)/野上 毅(寒地河川チーム)寒地土木研究所月報 第857号
24年05月10日冬期地震災害での機械運用における一考察木下 豪(技術開発調整監)寒地土木研究所月報 第857号
24年05月10日道路盛土の函渠前後の効果的な段差補修方法に関する一検討紅林 俊(寒地道路保全チーム)/丸山 記美雄(寒地道路保全チーム)寒地土木研究所月報 第857号
24年05月10日小学校出前授業による無電柱化施策への理解促進に関する考察大部 裕次(地域景観チーム)/岩田 圭佑(地域景観チーム)/松嶋 いつき(地域景観チーム)/伊東 里枝子(NPO 法人電線のない街づくり 支援ネットワーク 北海道支部)/井上 利一(NPO 法人電線のない街づくり 支援ネットワーク)寒地土木研究所月報 第857号
24年05月10日凍害を受けた床版が中央載荷された時と偏心載荷された時の疲労寿命の違い林田 宏(耐寒材料チーム)寒地土木研究所月報 第857号
24年05月10日断熱工法を用いたコンクリート舗装の凍上対策上野 千草(寒地道路保全チーム)/大場 啓汰(寒地道路保全チーム)/丸山 記美雄(寒地道路保全チーム)寒地土木研究所月報 第857号
24年05月10日「コンクリート構造物の補修対策施工マニュアル2022年版」内藤 勲(耐寒材料チーム)寒地土木研究所月報 第857号
24年05月10日「建設技術展2023近畿」、「2024ふゆトピア・フェアin 北広島」および第28回「震災対策技術展」に出展髙田 哲哉(寒地技術推進室)寒地土木研究所月報 第857号
24年05月10日ウォーキングの効用林 宏親(寒地地盤チーム)寒地土木研究所月報 第857号
24年05月10日車輪速度プローブデータから路面のすべり摩擦係数を推定する手法の検討奥村 航太(寒地交通チーム)/大廣 智則(寒地交通チーム)/齊田 光(寒地交通チーム)/伊藤 靖彦(寒地交通チーム(現 土木研究所 戦略的イノベーション 研究推進事務局 上席研究員(特命事項担当)))寒地土木研究所月報 第857号
24年04月19日北海道における国道橋の伸縮装置周辺部の損傷状況蛯子 恭好(寒地構造チーム)/仁平 陽一郎(寒地構造チーム(現 国土交通省 北海道開発局 開発監理部 開発連携推進課付))/角間 恒(寒地構造チーム)/畠山 乃(寒地構造チーム)寒地土木研究所月報 第856号
24年04月19日積層ゴム支承のゴムと鋼板の加硫接着面における 接着力評価試験方法に関する検討 寺澤 貴裕(寒地構造チーム)/佐藤 京(寒地構造チーム)/畠山 乃(寒地構造チーム)寒地土木研究所月報 第856号
24年04月19日既設道路防雪柵の防雪機能に関する一考察(第2報)-日本海オロロンライン:一般国道231号石狩市の視界不良軽減効果-松島 哲郎(雪氷チーム)/松下 拓樹(雪氷チーム)/吉井 昭博(雪氷チーム)/櫻井 俊光(雪氷チーム)/菅原 邦泰(雪氷チーム)/西村 敦史(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第856号
24年04月19日国際雪科学ワークショップ(ISSW)2023に参加して原田 裕介(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第856号
24年04月19日暴風雪や大雪時の道路管理における判断支援方策の検討(その2)原田 裕介(雪氷チーム)/大宮 哲(雪氷チーム)/武知 洋太(雪氷チーム)/西村 敦史(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第856号
24年04月19日17th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering 2023(国際地盤工学会第17回アジア地域会議)に参加して佐藤 厚子(寒地地盤チーム)寒地土木研究所月報 第856号
24年04月19日肥培灌漑施設における調整槽液温を指標とする曝気時間の設定中山 博敬(資源保全チーム)/酒井 美樹(資源保全チーム)/中谷 壮範(資源保全チーム(現 国土交通省 北海道開発局 札幌開発建設部 夕張川ダム総合管理事務所 川端ダム管理支所 事業専門官))寒地土木研究所月報 第856号
24年04月19日橋梁の洗掘対策優先度評価手法の提案角田 富士夫(寒地地盤チーム(現 国土交通省 北海道開発局 小樽開発建設部 道路設計管理官付 道路設計専門官))/林 宏親(寒地地盤チーム)/江川 拓也(寒地地盤チーム)寒地土木研究所月報 第856号
24年04月19日「北海道の将来像」を見据えて篠宮 章浩(審議役)寒地土木研究所月報 第856号
ページの先頭へ
 検索トップヘ

© 2023 Civil Engineering Research Institute for Cold Region, All rights reserved.