国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード      
発表年月日 論文等名 著者 発表先
03年10月01日International Conference on PROBLEMATIC SOILSへ参加して佐藤 厚子(土質基礎研究室)北海道開発土木研究所月報 第605号
03年12月01日International Conference on Composites in Constructionに参加して井元 忠博(港湾研究室)北海道開発土木研究所月報 第607号
23年12月10日International Conference of Asian-Pacific Planning Societies 2023に参加して岩田 圭佑(地域景観チーム)/増澤 諭香(地域景観チーム)寒地土木研究所月報 第851号
06年09月01日INTERNAL TIDES AND AUTUMN SLACK WATER IN NOMI BAY、JAPAN/野見湾におけるインターナルタイドとスラックウォーター山本 潤(水産土木チーム)/田中 仁(東北大学)COastal ENGINEERING JOURNAL
08年11月10日Interdisciplinary Workshop on Rockfall Protection 2008(落石防護に関する国際会議2008)に参加して岡田 慎哉(寒地構造チーム)/今野 久志(寒地構造チーム)寒地土木研究所月報 第666号
07年05月19日Integration of helicopter magnetometry、 horizontal boring and surface geology to detail subsurface structure along Nikoro tunnel/空中磁気探査、先進ボーリングおよび地表地質にもとづくトンネル地山の地質構造Pitambar Gautam(北海道大学)/岡崎 健治(防災地質チーム)/加藤 孝幸(アースサイエンス(株))/伊東 佳彦(防災地質チーム)日本地球惑星科学連合2007年大会
18年05月20日Integrated study on spatiotemporal variation of residence time in spring and groundwater at headwater catchments/山地源頭流域における湧水・地下水の滞留時間の時空間分布に関する研究辻村 真貴(筑波大学)/榊原 厚一(筑波大学)/勝山 正則(京都大学)/水垣 滋(水環境保全チーム)/グシエフ・マキシム(土木研究所ICHARM)/他9名(他9名)日本地球惑星科学連合2018年大会
96年09月17日INS-Pネットを用いた地震情報システムの開発について二宮 嘉朗(構造研究室)/西 弘明(構造研究室)/小林 将(構造研究室)/島田 武(構造研究室)土木学会年次学術講演会
11年06月12日Influences of temperature and normal load on the shear strength of new snow/新雪の剪断強度における雪温及び垂直荷重の影響について松下 拓樹(雪氷チーム)/松澤 勝(雪氷チーム)/阿部 修(防災科学技術研究所)International symposium "Physics、 chemistry and mechanics of snow"
09年12月08日Influences of Climate Change on Paddy Field Irrigation in Cold、 Snowy Regions/積雪寒冷地の水田灌漑に与える気候変動の影響中村 和正(水利基盤チーム)/多田 大嗣(水利基盤チーム)/鵜木 啓二(水利基盤チーム)/齋藤 正美((財)日本気象協会北海道支社)/松岡 直基((財)日本気象協会北海道支社)国際かんがい排水委員会第5回アジア地域会議
04年10月18日Influence of Sediment Condition on Water Quality in the Izarigawa Dam Reservoir/漁川ダム貯水池における堆砂状況が水質に与える影響について高田 賢一(環境研究室)/中津川 誠(環境研究室)/村上 泰啓(環境研究室)9th international symposium on river sedimentation
93年01月01日Influence of Bed Material,Bank Height and Boundary Shear Stress on Volcanic Ash Soil Bank金高 州吾(北海道開発局開発土木研究所)/渡邊 康玄(北海道開発局開発土木研究所)/長谷川 和義(北海道大学)
93年01月01日Influence of Bed Material,Bank Height and Boundary Shear Stress on Volcanic Ash Soil Bank渡邊 康玄(開発土木研究所)/金高 州吾(開発土木研究所)
02年09月04日Influence of bars in river channels with bifurcation and convergence/分岐合流部における砂州の挙動佐藤 耕治(前環境研究室(旭建))/渡邊 康玄(河川研究室)River Flow 2002、 International Conference on Fluvial Hydraulics
02年09月04日Influence of bars in river channels with bifurcation and convergence佐藤 耕治(前環境研究室(旭建))/渡邊 康玄(河川研究室)International Conference on Fluvial Hydraulics
10年06月14日Influence Factor given to an Observation Discharge and Development of a Discharge Formula for Ice Covered River/河川結氷時の観測流量影響要因と新たな流量推定手法吉川 泰弘(寒地河川チーム)/渡邊 康玄(北見工業大学)/早川 博(北見工業大学)/平井 康幸(寒地河川チーム)20th IAHR International Symposium on ice 2010
03年05月25日In-Situ Observation System for Seismic Behavior of Gravity-Type Quay Wall笹島 隆彦(北海道開発局)/先川 光弘(北海道開発局(前港湾研究室))/三浦 均也(豊橋技術科学大学)/大塚 夏彦(北日本港湾コンサルタント㈱)ISOPE-2003(海洋及び極地工学に関する国際会議)
05年10月03日IN-SITU ESTIMATION FOR FATIGUE LIFE OF BRIDGE DECK SLAB BY WIM METHOD三田村 浩(構造研究室)/石川 博之(構造研究室)/松井 繁之(大阪大学)Proceedings of the 21st US-Japan Bridge Engineering Workshop
05年07月19日In-situ Estimation for Fatigue Life of Bridge Deck Slab by WIM Method/床版の疲労寿命推定のための実走行自動車のWINによる軸重推定三田村 浩(構造研究室)/井藤 詳三(大阪大学大学院)/松井 繁之(大阪大学)The First International Conference on Advances in Experimental Structural Engineering (AESE 2005)
10年06月07日Improving the frost resistance of short-fiber-mixed shotcrete by mixing with hollow microspheres (短繊維混入吹付コンクリ ートへの中空微小球体混入による凍結融解に対する耐久性改善)田口 史雄(耐寒材料チーム)/高橋 守人(寒地基礎技術研究グループ長)/岸 徳光(室蘭工業大学)/栗橋 裕介(室蘭工業大学)/三上  浩(三井住友建設)Sixth International Conference on Concrete under Severe Conditions Environment & Loading (CONSEC’10)(第6回苛酷環境下におけるコンクリートに関する国際会議)
ページの先頭へ
 検索トップヘ

© 2023 Civil Engineering Research Institute for Cold Region, All rights reserved.