シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

刊行物<寒地土木研究所月報・報告>

2020年度

2019年度 <<  >> ■
3月2月1月12月11月10月
9月8月7月6月5月4月

3月 / 目次

タイトル著者研究室
なし
ページの先頭へ

2月 / 目次

タイトル著者研究室
なし
ページの先頭へ

1月 / 目次

タイトル著者研究室
年頭所感 谷村 昌史所長
液状化した火山灰質地盤における杭の水平地盤反力係数に関する解析的検討 江川 拓也/畠山 乃/磯部 公一寒地地盤チーム
産業連関表に基づく「道の駅」の経済波及効果の算定手法について 大部 裕次地域景観チーム
大区画泥炭水田圃場内における泥炭の収縮性の違いと不同沈下の要因 長竹 新/清水 真理子/奥田 涼太/横川 仁伸資源保全チーム
深層学習を用いた冬期道路の画像セグメンテーションに関する基礎的検討 齊田 光/徳永 ロベルト/佐藤 昌哉寒地交通チーム
肥培灌漑施設調整槽内部での泡の上昇要因 中山 博敬/田中 稔/中谷 壮範/横川 仁伸/大山 武士寒地土木研究所
圃場整備前後における水田圃場の取水管理の比較 越山 直子/大津 武士水利基盤チーム
機能性(北海道型)SMAについて 田中 俊輔寒地道路保全チーム
「寒地土木研究所 新技術説明会(福島)」、「土研 新技術ショーケース2020 in東京」 開催および各種展示会への参加 佐々木 泰訓寒地技術推進室
寒冷沿岸域チームの研究紹介 中嶋 雄一寒冷沿岸域チーム
シンプルは複雑に優る 松田 泰明地域景観チーム
ページの先頭へ

12月 / 目次

タイトル著者研究室
コロナ禍と北海道の酪農 川口 清美寒地農業基盤研究グループ長
信頼度を用いた維持管理のための除雪機械劣化度定量的評価に関する 基礎的検討 植野 英睦/伊藤 義和/齋藤 勉/片野 浩司寒地機械技術チーム
泥炭地大区画水田における水稲登熟期の地下灌漑操作が 温室効果ガス排出に与える影響 清水 真理子/長竹 新/横川 仁伸資源保全チーム
観光地等における広場的空間のあり方に関する研究 -事例との照合による「広場等の設計上の配慮事項」の検討と考察- 笠間 聡/松田 泰明地域景観チーム
沢地形に構築した補強土壁の排水対策事例 橋本 聖/川尻 峻三/川口 貴之/畠山 乃寒地地盤チーム
風洞実験による防雪林の枯れ上がりの影響把握について 齋藤 勉/植野 英睦/菅原 彰人寒地機械技術チーム
実物大落石防護擁壁の回転角および衝撃力に関する基礎的検討 山澤 文雄/今野 久志/中村 拓郎/寺澤 貴裕/安中 新太郎寒地構造チーム
第25回 土と基礎に関する勉強会を開催しました 御厩敷 公平寒地地盤チーム
正常化の偏見 佐藤 昌哉寒地交通チーム
ページの先頭へ

11月 / 目次

タイトル著者研究室
受容のブレークスルーと共感力藤波 武史研究連携推進監
上ノ国町ラウンドアバウトにおける運転挙動と意識変化について中村 直久/宗広 一徳/倉田 和幸/佐藤  昌哉/金子 恵造寒地交通チーム
4年の暴露実験に基づく寒冷地の凍結防止剤散布環境下での コンクリートのスケーリング進行予測に関する研究遠藤 裕丈/島多 昭典/高木 典彦/成田 徳昌/渡辺 淳寒地土木研究所
鉄酸化細菌を活用した酸性水の水質浄化実験大日向 昭彦 /岡崎 健治/倉橋 稔幸防災地質チーム
暴風雪事例を網羅的に解析するためのデータセットの作成原田 裕介/大宮 哲/武知 洋太/高橋 丞二雪氷チーム
水稲の直播栽培面積が増加すると地域のピーク用水量は増えるか ―栽培方式間の減水深が異なる地域の例―大津 武士/越山 直子水利基盤チーム
表面研削処理を施したアスファルト舗装のすべり抵抗性能について佐藤 圭洋/田中 俊輔/上野 千草/丸山 記美雄寒地道路保全チーム
気象観測値を用いた路肩堆雪断面積の推計飯田 美喜/植野 英睦/久慈 直之寒地機械技術チーム
冬期の路肩堆雪の形成に伴う交通性能の変動について倉田 和幸/中村 直久/宗広 一徳/佐藤 昌哉寒地交通チーム
暴風雪による視程障害時における除雪車運行支援に関する検討新保 貴広/舟橋 誠/久慈 直之寒地機械技術チーム
景観評価実験に基づく積雪寒冷地における街路樹の更新のあり方榎本 碧/高橋 哲生/松田 泰明/太田 広地域景観チーム
酸性硫酸塩土壌の簡易判定法の検討 -特異な挙動を示す試料の特徴について-田中 稔/横濱 充宏/山本 弘樹資源保全チーム
ベースプレート式支柱を有する従来型落石防護柵の重錘衝突実験中村 拓郎/今野 久志/山澤 文雄/寺澤 貴裕/安中 新太郎寒地構造チーム
フレトヒ伝説巖倉 啓子水環境保全チーム
ページの先頭へ

10月 / 目次

タイトル著者研究室
融雪期の土砂災害(道路斜面災害) 西 弘明寒地基礎技術研究グループ長
車載カメラ画像を用いたAI技術による視程ランク判別手法の試行について 大久保 幸治/武知 洋太/櫻井 俊光/高橋 丞二雪氷チーム
地理情報システム(GIS)を活用した情報図(防災、環境)の作成について 村上 泰啓水環境保全チーム
凍上に関するグラウンドアンカーの試験施工 山木 正彦/畠山 乃/佐藤 厚子寒地地盤チーム
河川結氷期間用HQ式補正方法の普及検討 大野 修/横山 洋/矢部 浩規寒地土木研究所
降雪強度把握のための雨量計の捕捉損失補正式の改良検討 大宮 哲/原田 裕介/高橋 丞二雪氷チーム
防雪柵開口部における副防雪柵の対策効果について 高橋 渉/櫻井 俊光/金子 学/松下 拓樹雪氷チーム
江川 拓也 研究員 博士(工学)の学位を授与される 林 宏親寒地地盤チーム
植物を利用した重金属の浄化技術に関する研究紹介 倉橋 稔幸防災地質チーム
なにと 倉橋 稔幸防災地質チーム
ページの先頭へ

9月 / 目次

タイトル著者研究室
豊かな街路樹のある道石田 樹特別研究監
灌漑水路施設管理者のためのFTAを用いた大規模地震対策の検討方法大久保 天/立石 信次/今泉 祐治水利基盤チーム
貨物自動車の加速度ビッグデータを用いた路面平坦性推定技術の基礎的検討佐藤 大輔/大浦 正樹/丸山 記美雄寒地道路保全チーム
衝撃加速度を用いた路盤の品質管理に関係する検討 樋口 侯太郎/畠山 乃/佐藤 厚子寒地地盤チーム
干満帯におけるコンクリート構造物の凍結融解に着目した表面温度の観測結果と一考察長谷 一矢寒冷沿岸域チーム
蛇紋岩について山崎  秀策防災地質チーム
道路附属物劣化診断技術におけるAEの適用性について平地 一典寒地機械技術チーム
寒地土木研究所の知的財産権の利用について佐藤 英樹寒地技術推進室
寒地土木技術情報センターの業務再開について三富 聡企画室
心構え安中 新太郎寒地構造チーム
ページの先頭へ

8月 / 目次

タイトル著者研究室
「発明」とは?-使われることの重要性 西村 浩二総括研究監
背水の影響を考慮したアイスジャム発生状況に関する一考察 伊波 友生/横山 洋/矢部 浩規寒地河川チーム
北海道の高速道と一般道の並行ルートにおける冬期交通事故リスクとその要因 四辻 裕文/星 卓見/平澤 匡介/佐藤 昌哉寒地土木研究所
管水路における地震時動水圧の発生機構 大久保 天水利基盤チーム
パラメトリックソーナーによる河床護岸の現況調査について 小林 勇一/中島 淳一/永長 哲也寒地機械技術チーム
河口沿岸域における二枚貝ウバガイの餌料環境に関する現地調査 須藤 賢哉/稲葉 信晴/渡邉 浩二水産土木チーム
河川洪水の流路変動による橋台背面盛土への影響と盛土の保全対策技術の研究 青木 卓也/井上 卓也/畠山 乃寒地土木研究所
農地を対象とした広域土壌侵食予測のための土地利用データ作成手法 鵜木 啓二/田中 健二水利基盤チーム
赤外レーザー照射による着氷雪除去の可能性について 櫻井 俊光/松下 拓樹/松島 哲郎/高橋 丞二雪氷チーム
第63回(令和元年度)北海道開発技術研究発表会優秀論文表彰式が行われました 光野 昭宏寒地技術推進室
美唄自然エネルギー研究会と雪運搬 片野 浩司寒地機械技術チーム
ページの先頭へ

7月 / 目次

タイトル著者研究室
コロナ後の社会資本整備と研究開発平井 康幸寒地水圏研究グループ長
気象データを用いた短時間多量降雪時の雪崩発生頻度の推定松下 拓樹/高橋 渉/高橋 丞二雪氷チーム
自治体の景観計画からみた観光資源としての道路景観の活用に関する課題松田 泰明/笠間 聡/田宮 敬士地域景観チーム
日本の「道の駅」モデルの海外展開に向けた技術協力に関する考察-中米・カリブ地域対象の国際協力の事例から-岩田 圭佑/松田 泰明/小笠原 奈央地域景観チーム
高濃度溶存酸素曝露による水生生物応答杉原 幸樹水環境保全チーム
既設杭基礎の耐震補強工法の改良体抵抗特性に関する一考察角田 富士夫/畠山 乃/江川 拓也寒地地盤チーム
トンネル施工時の先進ボーリング調査の費用対効果に関する分析事例岡﨑 健治/倉橋 稔幸/大日向 昭彦 /山崎 秀策/亀村 勝美/村山 秀幸防災地質チーム
水利基盤チームの研究紹介松田 俊之水利基盤チーム
働き方は変わるのか?松田 俊之水利基盤チーム
ページの先頭へ

6月 / 目次

タイトル著者研究室
インフラの維持管理への貢献を目指して 桑島 正樹寒地保全技術研究グループ長
土砂トレーサーモデルによる着色砂投入実験の再現計算 山田 嵩/岩崎 理樹/矢部 浩規寒地土木研究所
ラウンドアバウトにおけるエプロン構造の違いによる車両走行試験について 久慈 直之/山口 洋士/飯田 美喜寒地機械技術チーム
衝撃加速度試験による盛土の品質管理のこれまでとこれから 佐藤 厚子/畠山 乃寒地地盤チーム
アスファルト再生骨材の歩道路盤材料への有効活用について 上野 千草/金谷 元/井谷 雅司/丸山 記美雄寒地道路保全チーム
屋外広告物の有効な規制・誘導方策に関する一考察 田宮 敬士/松田 泰明/笠間 聡地域景観チーム
十勝川河口域の河川改修後にできた旧川跡とワンドにおける 春期の魚類相及び底生動物相 布川 雅典水環境保全チーム
運転支援技術を考慮した道路区画線の条件について 宗広 一徳/中村 直久/倉田 和幸/佐藤 昌哉寒地交通チーム
第7回国際地震地盤工学会議(7ICEGE)参加報告 江川 拓也/橋本 聖寒地地盤チーム
「スケーリング進行予測式」算出プログラムの公開 遠藤 裕丈耐寒材料チーム
カナダ・マニトバ大学との研究協力協定の締結について 宗広 一徳寒地交通チーム
令和2年度 寒地土木研究所一般公開中止のお知らせ 栗田 五輪人寒地技術推進室
ブラケットの支え 山上 満寿夫寒地技術推進室
ページの先頭へ

5月 / 目次

タイトル著者研究室
アイヌ文化と緊急地震速報チャイム新目 竜一技術開発調整監
解像度の異なるNDVI画像を用いた崩壊地面積の評価秋田 寛己/水垣 滋/村上 泰啓水環境保全チーム
救急医療支援に資する道路空間・付帯施設の活用効果宗廣 一徳/中村 直久/佐藤 昌哉寒地交通チーム
低水護岸または水制まわりの流砂特性が流路変動へ与える影響 ―水理模型実験およびその再現計算―川村 里実/久加 朋子寒地河川チーム
コンクリートのスケーリング評価試験法に関する基礎的研究吉田 行/安中 新太郎耐寒材料チーム
「道の駅」駐車場の課題と機能向上にむけた設計のポイント岩田 圭佑/松田 泰明/緖方 聡/笠間 聡地域景観チーム
地震動の大きさと農業用管水路に発生する地震時動水圧の関係大久保 天/中村 和正 /今泉 祐治/寺田 健司/南雲 人/川口 清美水利基盤チーム
難風化酸性硫酸塩土壌の判別法確立に向けた検討横濱 充宏/山本 弘樹/田中 稔資源保全チーム
北海道における道路橋RC床版の土砂化事例の紹介守田 穫人/中村 拓郎/秋本 光雄/葛西 聡寒地構造チーム
気象条件を用いた吹雪時の視程推定手法の精度改善に向けた分析-北海道と青森県における観測結果より-武知 洋太/大宮 哲/原田 裕介/大久保 幸治/高橋 丞二/松澤 勝雪氷チーム
PIARC(世界道路協会)キックオフミーティング参加報告松澤 勝寒地道路研究グループ長
INWEPF & PAWEES国際会議への参加およびPAWEES International Awardの受賞報告越山 直子/中村 和正水利基盤チーム
新しい地盤改良技術に関する講演会を開催しました佐藤 厚子寒地地盤チーム
令和2年度の国立研究開発法人土木研究所の業務運営に関する計画第1グループ寒地土木研究所
健康管理(その後)中嶋 雄一寒冷沿岸域チーム
ページの先頭へ

4月 / 目次

タイトル著者研究室
雪に思うこと 和田 忠幸審議役
水平ひび割れの位置や凍害劣化深さの違いが床版の耐力低下に与える影響 林田 宏耐寒材料チーム
交通量配分の数値計算について 四辻 裕文寒地交通チーム
防雪柵開口部における風の現地観測と数値解析 金子 学/櫻井 俊光/高橋 丞二雪氷チーム
ピーク期における積雪分布のパターンの類似性から積雪分布を推定する手法 西原 照雅/谷瀬 敦水環境保全チーム
土木分野における木材の耐久性に関する考察 -既存木製工作物の経年と腐朽劣化の関係に関する調査結果から- 笠間 聡/松田 泰明地域景観チーム
第100回アメリカ気象学会年次大会に参加して 松下 拓樹雪氷チーム
第16回構造工学と建設に関する東アジア太平洋会議(EASEC16)と パプアニューギニア独立国公共事業省とのジョイントセミナーに参加しました 佐藤 京/寺澤 貴裕/長谷 一矢寒地土木研究所
第99回TRB年次総会参加と研究交流について 宗広 一徳/櫻井 俊光寒地土木研究所
アメリカ地球物理学連合秋季大会2019(AGU Fall Meeting 2019)参加報告 山崎 秀策/井上 卓也/西原 照雅/布川 雅典寒地土木研究所
国際構造コンクリート連合ミーティングへの参加報告 菊田 悦二耐寒材料チーム
「土研新技術ショーケース2020 in名古屋」開催および各種展示会への参加 佐々木 泰訓寒地技術推進室
令和2年度 国立研究開発法人土木研究所 組織図紹介第2グループ寒地土木研究所
寒地交通チームの紹介 佐藤 昌哉寒地交通チーム
見えているのか、想像か 高橋 丞二雪氷チーム
ページの先頭へ

バックナンバー

ページの先頭へ
ホームヘ 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.