シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

刊行物<寒地土木研究所月報・報告>

1997年度

1996年度 <<  >>  1998年度
3月2月1月12月11月10月
9月8月7月6月5月4月

3月 / 目次

タイトル著者研究室
総合的な流域管理寒地土木研究所
フィルダムロック材の吸水率と力学的特徴について寒地土木研究所
公共草地の荒廃現況-並行牛道の形成された放牧地の微地形、土壌と牧養力の低下-寒地土木研究所
北海道の国道における交通事故の特徴について寒地交通チーム
寒冷期におけるアスファルト舗装について(第2報) -平成8年度の調査結果について-寒地道路保全チーム
電気式コーン貫入試験による地盤調査寒地地盤チーム
劣化防止材の自然岩石への適用(速報)水利基盤チーム
日本人は世界一の「痔主」である!寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
開発土木研究所月報掲載一覧寒地土木研究所
ページの先頭へ

2月 / 目次

タイトル著者研究室
上っ面の判断をする前に寒地土木研究所
道路維持管理支援システムの開発(第1報)-GPSとGISを統合したプロトタイプシステムの現地試験結果-寒地土木研究所
寒冷期におけるアスファルト舗装について(第1報) -平成6、7年度の調査結果について寒地道路保全チーム
河川水難事故のフェイルセーフ機能に関する研究寒地河川チーム
岩盤斜面の計測技術と評価について寒地構造チーム
安部隆二、千葉隆広の2技官 第22回日本道路会議優秀論文賞を受賞寒地土木研究所
人間の尊厳寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
第14回国際土質基礎工学会議に参加して寒地構造チーム
第2回衝撃荷重を受ける構造物に関するアジア~太平洋会議(SILOS)に参加して寒地構造チーム
ページの先頭へ

1月 / 目次

タイトル著者研究室
100年後のストック経済をめざせ寒地土木研究所
再生骨材を用いたコンクリートの耐凍害性と乾燥収縮および力学特性寒地土木研究所
冬期の流量推定精度向上に関する一考察寒地土木研究所
複断面構造を有する港湾構造物への海藻群落形成について寒地土木研究所
杭の支持層確認の手法は?寒地地盤チーム
2002年の第11回PIARC国際冬期道路会議開催に向けて寒地土木研究所
時間の早さ寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
ページの先頭へ

12月 / 目次

タイトル著者研究室
時代の変わり目寒地土木研究所
スパイクタイヤ使用規制下における北海道の冬期スリップ事故寒地土木研究所
遠心模型実験による道路盛土の耐震性に関する検討寒地土木研究所
リトルホーコー川環境復元事業と河道環境調査について寒地河川チーム
北海道における酪農の発展過程とその糞尿の課題資源保全チーム
魚類から見た河川流域環境 -後志利別川を例として-水環境保全チーム
97/98冬期の峠画像伝送実験を開始しました-インターネットを活用した道路情報提供-寒地土木研究所
防災雪氷研究室の論文が寒地技術シンポジウムで寒地技術賞を受賞寒地土木研究所
冬期路面管理マニュアル(案)の発行寒地交通チーム
評価寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
ページの先頭へ

11月 / 目次

タイトル著者研究室
事務官から見た開発土木研究所寒地土木研究所
インターネットを活用した道路情報提供に関する研究-96/97冬期の峠画像伝送実験報告-寒地土木研究所
漸縮導流部を有する正面越流型洪水吐きの流れの特性-漸縮角度30°の導流部における合流水脈処理と複断面形状の減勢工における減勢効果-寒地土木研究所
高天端潜堤の水理特性と建設に伴う生物相の変化について寒地土木研究所
漸縮導流部を有する正面越流型洪水吐きの流れの特性 -漸縮角度30°の導流部における合流水脈処理と複断面形状の減勢工における滅勢効果-寒地土木研究所
美唄川1997年出水における樹木の水理的影響寒地土木研究所
魚類遊泳力調査結果について水環境保全チーム
畑地での水利用と潅漑施設の管理-柔軟な水利用と水管理のために-水利基盤チーム
インターネットと道路の情報化の関わりについて雪氷チーム
いつも一番おいしい豆を食べる方法寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
フィンランドの交通事故とモビリティ寒地交通チーム
ページの先頭へ

10月 / 目次

タイトル著者研究室
地球規模の課題に皆で取り組もう寒地土木研究所
河床粗度係数の算定方法について寒地河川チーム
農地での炭酸ガスの測定 -畑作物の生育管理と農地の環境モニタリングシステム-水利基盤チーム
除雪ブレードによる樹脂系すべり止め舗装の耐久性の評価寒地交通チーム
コンクリートの耐凍害性評価試験耐寒材料チーム
移流拡散方程式の解析解(Ⅰ)水環境保全チーム
北海道山間部における酸性雨調査について水環境保全チーム
土層改良について資源保全チーム
サンキュウ寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
開発土木研究所刊行物について寒地土木研究所
中期在外研究員派遣を終えて寒地河川チーム
ページの先頭へ

9月 / 目次

タイトル著者研究室
今夏の異常気象に思うこと寒地土木研究所
北海道におけるITS技術開発水深のフレームワークスタディ寒地土木研究所
パイプライン埋戻し土の液状化抵抗の検討寒地土木研究所
牛ふん尿スラリーの管路輸送に関する基礎的実験寒地土木研究所
道路防雪林マニュアル英訳版出版される寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
ページの先頭へ

8月 / 目次

タイトル著者研究室
雪と寒い地域の科学技術から文明へ寒地土木研究所
航空写真を利用した札幌市の面的交通混雑状況の分析寒地土木研究所
各種コンクリートのブリーディングと圧縮強度に及ぼす分割練混ぜの影響寒地土木研究所
実規模門型PC覆工の衝撃破壊実験寒地土木研究所
湿原及び草地における実蒸発散量の観測寒地土木研究所
地震による道路盛土の被害要因について寒地地盤チーム
北海道におけるハタハタ産卵の実態水産土木チーム
アスファルト混合物の事前審査制度について寒地道路保全チーム
北海道の高齢化と若いファン達寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
ハワイで流氷に関する発表寒冷沿岸域チーム
ページの先頭へ

7月 / 目次

タイトル著者研究室
インフォームド・コンセント寒地土木研究所
積雪寒冷地流域の土地利用と水質成分負荷量について その2 -河川流出負荷量からの土地利用別水質成分原単位の推定-寒地土木研究所
蓄養施設一体型ケーソンの生け簀内物理環境とウ二の行動寒地土木研究所
オホーツクタワーを核とした研究国際都市構想寒地土木研究所
定置式凍結防止剤装置の改良について寒地道路保全チーム
新路面分類に基づく2冬期の全道路面状況の比較雪氷チーム
ダム貯水池の堆砂に関する一考察寒地河川チーム
下條晃裕技官 土木学会北海道支部奨励賞を受賞寒地土木研究所
佐藤昌志構造研究室長:博士(工学)の学位授与される。寒地土木研究所
山口悟技官 地盤工学会北海道支部賞を受賞寒地土木研究所
無用の用寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
ISCORD’97に参加して寒地交通チーム
フィンランドとの国際共同研究を終えて水環境保全チーム
ページの先頭へ

6月 / 目次

タイトル著者研究室
技術と経験寒地土木研究所
「人にやさしい道路」を目指して -歩道占用工事箇所歩行者等誘導デッキの検討と現地検証-寒地土木研究所
積雪寒冷地流域の土地利用と水質成分負荷量についてその1 -河川流出負荷量からの土地利用別水質成分原単位の推定-寒地土木研究所
アラミドテープを巻き付けたRC橋脚模型の靱性について寒地構造チーム
橋梁マネージメントシステム(BMS)について寒地道路保全チーム
講演『米国におけるITS(道路高度情報化)と冬期道路管理について』開催される寒地土木研究所
堺材料研究室長と渡辺前副室長、平成8年度土木学会賞「吉田賞」を受賞寒地土木研究所
慣れと研究寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
研究室別平成9年度の調査・試験・研究実施計画概要寒地土木研究所
平成9年度調査・試験・研究課題計画寒地土木研究所
家畜糞尿の有効利用と環境保全に関する国際ワークショップの開催に向けて資源保全チーム
ハワイ障害者自立センターを訪ねて寒地交通チーム
共同研究のための北欧訪問耐寒材料チーム
ページの先頭へ

5月 / 目次

タイトル著者研究室
自信を持って仕事をしよう寒地土木研究所
深層混合処理地盤の強度評価に関する検討寒地土木研究所
樹木群が部分的に存在する水路の流れと浮遊砂濃度分布に関する研究寒地土木研究所
グースアスファルト舗装の仕様について寒地道路保全チーム
パーソナルコンピュータとインターネット寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
ミネソタ州のくらしについて雪氷チーム
ページの先頭へ

4月 / 目次

タイトル著者研究室
所感寒地土木研究所
化学的風化に伴う岩石の性状の変化とその予測寒地土木研究所
清流に関する意識調査について-自治体に対するアンケート調査結果報告-寒地土木研究所
網走湖流出ロ付近における塩水挙動の実測寒地土木研究所
第5回所内若手研究発表会開催される寒地土木研究所
編集後記寒地土木研究所
平成8年度共同研究等の実績寒地土木研究所
寒地ITSワークショップ開催される寒地土木研究所
*アメリカ合衆国へ行ってきました* 積雪寒冷地(ミネソタ州)の道路状況と西海岸(カルフォルニア州)の長大橋を見てきて寒地道路保全チーム
ページの先頭へ

バックナンバー

ページの先頭へ
ホームヘ 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.