シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード    
発表年月日 論文等名 著者 発表先
10年03月10日A Study on Snow Depth Distribution in Dam Catchment Area Using Airborne Laser Scanning/航空レーザ測量成果を用いたダム流域における積雪深分布の一考察鳥谷部 寿人(水環境保全チーム)/山下 彰司(水環境保全チーム)/中津川 誠(室蘭工業大学)Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2010(JSED2010)
10年07月02日A Study on spawning Environments of Masu Salmon Focusing on The Area of Sandbar Geomorphology/砂州地形の領域に焦点をあてたサクラマスの産卵環境に関する研究森田 茂雄(水環境保全チーム)Workshop on the Swimming Physiology of fish (Fit Fish)
10年03月10日A Study on Spawning Environments of Masu Salmon Focusing on Sandbar Geomorphology森田 茂雄(水環境保全チーム)/桑原 誠(水環境保全チーム)/山下 彰司(札幌河川事務所)/中津川誠(室蘭工業大学)Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2010(JSED2010)
98年05月11日A STUDY ON THE BEHAVIOR A SEISMIC ISOLATION DEVICE USING FULL-SCALE DYNAMIC PUSH-OVER EXPERIMENTAL EQUIPMENT/A STUDY ON THE BEHAVIOR A SEISMIC ISOLATION DEVICE USING FULL-SCALE DYNAMIC PUSH-OVER EXPERIMENTAL EQUIPMENT佐藤 京(構造研究室)/別所 俊彦(㈱日本製鋼所)/林 亜紀夫(パシフィックコンサルタント㈱)/三田村 浩(構造研究室)UJNR耐風・耐震構造専門部会 第31回合同部会
06年08月04日A Study on the Characteristics of Dynamic Horizontal Subgrade Reaction for Different Types of Ground by Centrifuge Model Experiments冨澤 幸一(寒地地盤チーム)/西本 聡(寒地地盤チーム)/三浦 清一(北海道大学大学院)The Sixth International Conference on Physical Modelling in Geotechnics(第6回地盤工学の物理モデリングに関する国際会議)
09年11月05日A STUDY ON THE DEVELOPMENT OF AN EXPANSION DEVICE FOR COLD REGIONS - Test installation of an expansion device on a National Route 274 interchange viaduct -/寒冷地仕様伸縮装置の開発について表 真也(寒地構造チーム)/三田村 浩(寒地構造チーム)/西 弘明(寒地構造チーム)Proceedings of the 7th Korea-Japan Joint Seminar on Bridge Maintenance
09年12月03日A study on the development of digital underground maps of the Sapporo area/札幌地域における全国電子地盤図の構築検討福島 宏文(寒地地盤チーム)/石川 達也(北海道大学大学院)/遠藤 秀博(北海道土質コンサルタント)GEO-INFORMATICS and ZONING for HAZARD MAPPING(地盤情報とハザードマップに関する国際シンポジウム )
11年08月18日A STUDY ON THE MOVEMENT OF WOODY DEBRIS IN A SINUSOIDAL CHANNEL/蛇行流路中の流木の挙動に関する研究赤堀 良介(寒地河川チーム)第1回水資源工学に関するEIT国際会議
01年07月04日A STUDY ON WASHING OF BRIDGES/橋梁洗浄に関する研究畑山 朗(構造研究室)/佐々木 聡(ドーコン)/勝俣 盛(川田工業)/磯 光夫(橋梁メンテナンス)第9回構造欠陥と補修に関する国際会議
97年05月15日A System for Long Term Measurement of CO2/H2O FIux in Remote Fields using Mobile Phone秀島 好昭(農業土木研究室)/千村 隆宏(東京農工大学)/丸谷 聖一((財)日本気象協会)/和田 通英((財)日本気象協会)/青木 正敏(東京農工大学)/矢野 真人(農業土木研究室)筑波大学地球環境変化に関する特別研究チーム
97年05月15日A System for Long Term Measurement of CO2/H2O FIux in Remote Fields using Mobile Phone青木 正敏(東京農工大学)/秀島 好昭(農業土木研究室)/丸谷 聖一((財)日本気象協会)/和田 通英((財)日本気象協会)/千村 隆宏(東京農工大学)/矢野 真人(農業土木研究室)筑波大学地球環境変化に関する特別研究チーム
02年07月16日A vibrating experiment on wall structures of EPS widening embankment/EPS拡幅盛土の壁体形式をモデル化した振動実験渡邊 栄司(土質基礎研究室)/西川 純一(土質基礎研究室)/堀田 光(発泡スチロール土木工法開発機構)/佐藤 嘉弘(発泡スチロール土木工法開発機構)第37回地盤工学研究発表会
09年11月03日Accuracy of topographical feature measurement from a radio-controlled helicopter (ポスター発表)/ラジコンヘリコプターからの地形形状計測の精度について (ポスター発表)山崎 貴志(寒地機械技術チーム)/柳沢 雄二(寒地機械技術チーム)/国島 英樹(寒地機械技術チーム)2009 International Joint Symposium between IEGS (Korea)、 NIRE and CERI (Japan)(2009年釜慶大学地質環境研究所、農村工学研究所及び寒地土木研究所による国際共同シンポジウム)
92年05月20日ACI会議に初めて参加して嶋田 久俊(前材料研究室員 現函館開発建設部江差道路事務所工事課第1建設係長)開発土木研究所月報第468号
10年09月13日Adaptation of Alnus japonica to inundation environments by type in Kushiro Mire/釧路湿原におけるハンノキ形態による冠水環境への適応について矢野 雅昭(道東支所)/水垣 滋(水環境保全チーム)/林田 寿文(水環境保全チーム)/村上 泰啓(寒地河川チーム)8th International Symposium on Ecohydraulics
18年01月27日ADCP を用いた流下河氷の氷厚推定横山 洋(寒地河川チーム)/前田 俊一(特命上席研究員)/矢部 浩規(寒地河川チーム)土木学会北海道支部 平成29年度論文報告集(第74号)
12年05月10日ADCPと電波式流速計を用いた河川流量観測稲垣 達弘(北海道開発局釧路開発建設部治水課(前 道東支所))/島田 友典(北海道開発局帯広開発建設部帯広河川事務所計画課運用調整係長(前 寒地河川チーム))/横山 洋(水環境保全チーム)/柿沼 孝治(寒地河川チーム)/三宅 洋(北海道開発局帯広開発建設部治水課長)寒地土木研究所月報 第708号
12年09月10日ADCPによる汽水湖の濁度鉛直分布推定について横山 洋(水環境保全チーム)/浜本 聡(水環境保全チーム)/安田 裕一(寒地技術推進室道北支所)/渋谷 直生(北海道開発局札幌開発建設部河川工事課上席治水専門官(前 寒地技術推進室道北支所))寒地土木研究所月報 第712号
07年09月12日ADCPを搭載したラジコンボートによる流水中の流速測定精度島田 友典(寒地河川チーム)/渡邊 康玄(寒地河川チーム)平成19年度全国大会 第62回年次学術講演会
14年06月06日ADCPを用いた実河川・湖沼の濁度時空間変化の推定横山 洋(水環境保全チーム)/渡邉 和好(水環境保全チーム)/杉原 幸樹(水環境保全チーム)/橋場 雅弘(福田水文センター)河川技術論文集
ページの先頭へ
 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.