シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード    
発表年月日 論文等名 著者 発表先
95年10月23日高分子吸水材による緑化工法瀬能 博之(札幌開発建設部)/磯部 圭吾(札幌開発建設部)/佐藤 厚子(土質基礎研究室)第21回日本道路会議
96年09月17日高分子吸水材による緑化工法について西川 純一(土質基礎研究室)/山口 悟(土質基礎研究室)/佐藤 厚子(土質基礎研究室)土木学会年次学術講演会
99年01月20日高分子吸水材による高架下の緑化開発土木研究所月報第548号:技術資料
90年03月01日高分子吸水材の不良土改良効果について佐藤 厚子(土質基礎研究員)開発土木研究所月報第442号
07年09月12日高分子吸水材を用いた橋梁下の緑化佐藤 厚子(寒地地盤チーム)/西本 聡(寒地地盤チーム)/吉野 敦久(石狩川開発建設部)土木学会第62回年次学術講演会
94年02月01日高分子吸水材を用いた緑化工法について岩槻克生/田中勝/柳川明平成5年度技術研究発表会
99年11月08日高分子溶液圧入法によるコンクリート細孔構造推定について嶋田 久俊(材料研究室)/堺 孝司(香川大学)/古澤 靖彦(鹿島建設)/渡邊 賢三(鹿島建設)/横関 康祐(鹿島建設)/熊谷 守晃(材料研究室)構造物の診断と補修に関する第11回技術研究発表会
97年02月06日高分子系改良剤による浚渫土砂の改良効果について佐藤 厚子(土質基礎研究室)/西川 純一(土質基礎研究室)/北野 初雄(土質基礎研究室)地盤工学会北海道支部技術報告会
04年02月01日高含水不良土を材料とする固化破砕土による盛土施工時田 博之(小樽開発建設部 寿都道路建設事業所)/桜井 裕万(小樽開発建設部 寿都道路建設事業所)/長谷 国男(小樽開発建設部 寿都道路建設事業所)平成15年度技術研究発表会/第47回北海道開発局技術研究発表会
80年02月22日高含水比土の改良方法について-フィルダム不透水性材料として-名越庸雄昭和54年度技術研究発表
96年07月17日高含水比土の有効の利用に関する検討西川 純一(土質基礎研究室)/北野 初雄(土質基礎研究室)/佐藤 厚子(土質基礎研究室)地盤工学研究発表会
96年02月07日高含水比土の有効利用に関する実験西川 純一(土質基礎研究室)/佐藤 厚子(土質基礎研究室)地盤工学会北海道支部平成7年度年次学術報告会
98年10月28日高含水粘性土の有効利用/Utilization of High-water-content Clayey Soil佐藤 厚子(土質基礎研究室)/西川 純一(土質基礎研究室)/山澤 文雄(土質基礎研究室)International Symposium on Problematic Soils(IS-TOHOKU ’98)(問題土に関する国際シンポジウム)
98年10月28日高含水粘性土の有効利用/Utilization of High-water-content Clayey Soil西川 純一(土質基礎研究室)/山澤 文雄(土質基礎研究室)/佐藤 厚子(土質基礎研究室)International Symposium on Problematic Soils(IS-TOHOKU ’98)(問題土に関する国際シンポジウム)
95年01月09日高品質な道路サービスの提供を目指して開発土木研究所月報第500号
98年02月06日高圧噴射撹拌工法の施工に伴う河川堤防の変状渡辺 秀紀(網走開発建設部)/西村 弘之(網走開発建設部)/西川 純一(土質基礎研究室)/山口 悟(土質基礎研究室)/林 宏親(土質基礎研究室)地盤工学会北海道支部技術報告会
98年02月06日高圧噴射撹拌工法の施工に伴う河川堤防の変状山口 悟(土質基礎研究室)/西川 純一(土質基礎研究室)/渡辺 秀紀(網走開発建設部)/西村 弘之(網走開発建設部)/林 宏親(土質基礎研究室)地盤工学会北海道支部技術報告会
92年07月20日高圧噴射攪拌工法の最低改良材量について林 宏親(土質基礎研究室員)開発土木研究所月報第470号
07年08月30日高圧縮性土地盤における埋設管の浅埋設工法に関する土槽実験田頭 秀和(水利基盤チーム)/佐藤 大輔(水利基盤チーム)/中村 和正(水利基盤チーム)農業農村工学会大会講演会講演要旨集
00年09月07日高基混成堤におけるしぶきの打ち上げ特性/Wave Splash Height on High-Mound Composite Breakwater早川 哲也(港湾研究室)/木村 克俊(港湾研究室)/高橋 重雄(港湾技術研究所)International Conference on Hydronamics 2000
ページの先頭へ
 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.