シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード    
発表年月日 論文等名 著者 発表先
16年02月16日鹿ノ子ダム流入量計算手法の検証について公平 圭亮(網走開発建設部 北見河川事務所鹿ノ子ダム管理支所)/佐藤 正勝((未記入))/木下 誠一((未記入))第59回(平成27年度)北海道開発技術研究発表会
83年10月01日鹿ノ子ダム管理用水力発電設備設置事業計画について長平英雄/水野秀行/高瀬貞雄/高野友明昭和57年度技術研究発表会
09年02月26日鹿山排水路における施設機能診断について下元竜太郎/堀内隆/國見圭嗣平成20年度技術研究発表会
06年11月15日鹿島灘・九十九里浜沿岸での一次生産に及ぼす利根川・那珂川の影響について新井 雅之(水産工学研究所)/中山 哲厳(水産工学研究所)/足立久美子(水産工学研究所)海岸工学論文集
05年11月09日鹿島灘北部海域の一次生産に及ぼす那珂川の影響中山 哲嚴(水産総合研究センター)/齋藤 肇(水産総合研究センター)/新井 雅之(水産総合研究センター)/足立 久美子(水産土木研究室)/奥西 武(北海道大学大学院)/八木 宏(東京工業大学)海岸工学論文集
04年11月10日鹿島灘南部沿岸域の栄養塩変動に及ぼす利根川河川水の影響足立 久美子(水産土木研究室)/中山 哲嚴(水産工学研究所)海岸工学論文集
03年09月13日鹿島灘沿岸域の栄養塩動態と利根川河川水との関係足立 久美子(水産土木研究室)日本陸水学会第68回大会講演要旨集
20年02月18日鹿追町における国営土地改良事業の効果-国営畑地帯総合土地改良パイロット事業鹿追地区着手から50年が過ぎて- (P923~928)相原 慎一(帯広開発建設部 鹿追地域農業開発事業所)/伊東 直也(帯広開発建設部 鹿追地域農業開発事業所)/濱本 航希(帯広開発建設部 鹿追地域農業開発事業所)第63回 (2019年度) 北海道開発技術研究発表会
81年10月01日鹿鳴橋拡巾工事について-受梁による継手工法-小賀坂俊昭/中川昇/村上徹也/宮本行觀/服部健作昭和55年度技術研究発表会
74年04月01日黄金道路(236号帯広管内)覆道工の設計について広田保夫/秋庭昭夫S49年度技術研究発表
07年06月21日黄金道路におけるGIS を用いた道路防災システムの検討日外 勝仁(防災地質チーム)/岡崎 健治(防災地質チーム)/伊東 佳彦(防災地質チーム)情報地質 2007 Vol.18、No.2
80年02月22日黄金道路のRC覆道の設計について高松泰/中山薫/小林康郎/南出忠利/髙木秀貴昭和54年度技術研究発表会
94年02月01日黄金道路の気象特性と通行止めの実態後藤浩之/黒川國夫/加治屋安彦平成5年度技術研究発表会
08年02月01日黄金道路急崖の地域特性と斜面変動形態日外 勝仁(防災地質チーム)/伊東 佳彦(防災地質チーム)/岡﨑 健治(防災地質チーム)平成19年度技術研究発表会
06年06月23日黄金道路急崖の岩盤崩壊機構伊東 佳彦(防災地質チーム)/日下部 祐基(防災地質チーム)/日外 勝仁(防災地質チーム)平成18年度日本応用地質学会北海道支部・北海道応用地質研究会研究発表会講演予稿集・第26号
05年06月24日黄金道路急崖の崩壊に関わる素因の地質学的解析伊東 佳彦(地質研究室)/日下部 祐基(地質研究室)/日外 勝仁(地質研究室)/本間 宏樹(応用地質KK)/田中 健吾(応用地質KK)/徳江俊一(応用地質KK)/原郁夫(応用地質KK)平成17年度研究発表会 講演予稿集 第25号
05年10月27日黄金道路急崖の斜面形状を支配する岩石構造と崩壊素因の研究伊東 佳彦(地質研究室)/日下部 祐基(地質研究室)/日外 勝仁(地質研究室)/田中 健吾(応用地質KK)/本間 宏樹(応用地質KK)/原 郁夫(応用地質KK)平成17年度日本応用地質学会研究発表会
06年11月09日黄金道路急崖斜面における岩盤崩壊機構と調査における着目点日外 勝仁(防災地質チーム)/伊東 佳彦(防災地質チーム)/日下部 祐基(防災地質チーム)/田中 健吾(応用地質KK)/徳江 俊一(応用地質KK)/原 郁夫(応用地質KK)日本応用地質学会平成18年度研究発表会
02年07月16日黄鉄鉱を含む岩石の風化促進試験における酸性化と重金属類の溶出町屋 安定(地質研究室)/伊東 佳彦(地質研究室)第37回地盤工学研究発表会
96年09月17日黄鉄鉱を含む岩石への化学的風化の影響疋田 貞良(地質研究室)/鈴木 哲也(地質研究室)土木学会年次学術講演会
ページの先頭へ
 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.