国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード      
発表年月日 論文等名 著者 発表先
16年09月15日高標高帯における積雪分布を推定する手法の精度検証西原 照雅(水環境保全チーム)/谷瀬 敦(水環境保全チーム)水文・水資源学会2016年度総会・研究発表会 
08年02月01日高橋脚(High-pier)設計施工事例とコスト縮減について-ML工法とNOPキャリィ工法による鉄筋組立省力化-秋本 光雄(函館開発建設部 江差道路事務所)/作田 均(未記入)/近藤 優(未記入)平成19年度技術研究発表会
06年02月23日高機能舗装損傷原因分析と新たな評価方法・表層混合物の導入提案について-北海道型の耐久性のある高機能舗装混合物を目指して-田村崇/北川純一/西岡恵治平成17年度技術研究発表会
99年02月01日高比重コンクリートの品質について(中間報告)(高比重コンクリートを使用した消波ブロックの耐凍害性)大水達暁/田村宣義/磯田一喜代平成10年度技術研究発表会
93年06月24日高比重消波ブロックの波浪安定性に関する研究竹田 英章(北海道東海大学)/山本 泰司(港湾研究室)/菊地 総一(港湾研究室)/笹島 隆彦(港湾研究室)/水野 雄三(港湾研究室)海洋開発シンポジウム
93年06月24日高比重消波ブロックの波浪安定性に関する研究竹田 英章(北海道東海大学)/水野 雄三(港湾研究室)/菊地 総一(港湾研究室)/山本 泰司(港湾研究室)/笹島 隆彦(港湾研究室)海洋開発シンポジウム
96年02月20日高比重消波ブロックの耐波安定性について木村 克俊(港湾研究室)/須藤 賢哉(港湾研究室)/山本 泰司(港湾研究室)北海道開発局技術研究発表会
96年02月20日高比重消波ブロックの耐波安定性について須藤 賢哉(港湾研究室)/木村 克俊(港湾研究室)/山本 泰司(港湾研究室)北海道開発局技術研究発表会
96年02月01日高比重消波ブロックの耐波安定性について須藤賢哉/木村克俊/山本泰司平成7年度技術研究発表会
16年02月16日高気圧下におけるニューマチックケーソン工法の無人化施工について岡田 和三(室蘭開発建設部 苫小牧道路事務所)/芳川 信之((未記入))/谷口 拓也((未記入))第59回(平成27年度)北海道開発技術研究発表会
91年02月01日高水敷の植生管理について濱田毅/石浦一夫/甲岡宏次平成2年度技術研究発表会
04年06月10日高水敷上に生育するヤナギの抵抗油川 曜佑(河川研究室)/鈴木 優一(河川研究室)/渡邊 康玄(河川研究室)河川技術論文集 第10巻
21年02月15日高水流量観測における測線設定について-観測の省力化に向けた精度検証- (P320~325)鈴木 応徳(札幌開発建設部 河川計画課)/髙橋 賢司((未記入))/臼田 峻曹((未記入))第64回(2020年度)北海道開発技術研究発表会
22年02月14日高水流量観測の省力化に向けた測線設定について-次世代型流量観測の導入に向けた検討- (P835~840)臼田 峻曹(札幌開発建設部 河川計画課)/髙橋 賢司((未記入))第65回(2021年度)北海道開発技術研究発表会
16年06月23日高波作用下の前浜平衡勾配に及ぼす間隙サクション動態効果の影響白水 元(熊本大学 自然科学研究科)/佐々 真志(港湾空港研究所 動土質研究グループ )/宮武 誠(函館工業高等専門学校 社会基盤工学科)/本間 大輔(寒冷沿岸域チーム)/成田 郁史(函館工業高等専門学校 )第41回海洋開発シンポジウム/土木学会論文集B3(海洋開発)
17年02月13日高波作用時の海氷および波の遡上特性と対策の検討本間 大輔(寒冷沿岸域チーム)/中嶋 雄一((未記入))第60回(平成28年度)北海道開発技術研究発表会
16年09月12日高波時における海氷による波浪低減効果に関する研究本間 大輔(寒冷沿岸域チーム)/中嶋 雄一(寒冷沿岸域チーム)寒地土木研究所月報 第760号
94年11月29日高波浪下における水中トンネルの動揺および流体力特性(その2)水野 雄三(水工部)/国栖 広志(五洋建設(株)技術研究所)/山下 俊彦(北海道大学)/佐伯 浩(北海道大学)/水野 晋(西松建設(株)技術研究所)土木学会海岸工学講演会
94年11月29日高波浪下における水中トンネルの動揺および流体力特性(その2)水野 雄三(水工部)/山下 俊彦(北海道大学)/佐伯 浩(北海道大学)/水野 晋(西松建設(株)技術研究所)/国栖 広志(五洋建設(株)技術研究所)土木学会海岸工学講演会
00年11月20日高流動コンクリートについて開発土木研究所月報第570号
ページの先頭へ
 検索トップヘ

© 2023 Civil Engineering Research Institute for Cold Region, All rights reserved.