シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード      
発表年月日 論文等名 著者 発表先
20年04月10日第100回アメリカ気象学会年次大会に参加して 松下 拓樹(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第804号
22年11月10日PIARC(世界道路協会)冬期サービス委員会の参加報告松下 拓樹(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第837号
23年05月10日「防雪柵開口部の対策施設に関する技術資料(案)」について松下 拓樹(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第844号
23年07月10日PIARC(世界道路協会)第7回冬期サービス委員会の参加報告松下 拓樹(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第846号
14年02月10日飯山市で「雪崩災害防止セミナー」を開催しました松下 拓樹(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第729号
13年03月10日雪崩予防柵の列間斜距離に関する設計上の考え方について松下 拓樹(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第718号
08年03月10日第12回構造物の大気着氷に関する国際ワークショップ(IWAIS)に参加して松下 拓樹(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第658号
08年03月10日道路案内標識の着雪・落雪対策について松下 拓樹(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第658号
08年02月10日秋田で「雪崩災害防止セミナー」を開催しました松下 拓樹(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第657号
13年06月10日国際雪科学ワークショップ(ISSW)に参加して松下 拓樹(雪氷チーム)/池田 慎二(つくば中央研究所土砂管理研究グループ雪崩・地すべり研究センター研究員)寒地土木研究所月報 第721号
23年07月10日雲粒付着の少ない降雪結晶による雪崩の発生条件について松下 拓樹(雪氷チーム)/吉井 昭博(雪氷チーム)/大宮 哲(雪氷チーム)/西村 敦史(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第846号
22年06月10日降雪終了後の雪崩発生判断手法について松下 拓樹(雪氷チーム)/吉井 昭博(雪氷チーム)/西村 敦史(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第832号
13年09月10日簡易対策工による道路案内標識への着雪時間減少効果について松下 拓樹(雪氷チーム)/松澤 勝(雪氷チーム)/中村 浩(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第724号
08年02月01日すり抜け現象を伴う雪崩の発生条件と対策について松下 拓樹(雪氷チーム)/松澤 勝(雪氷チーム)/加治屋 安彦(雪氷チーム)平成19年度技術研究発表会
21年12月10日防雪柵開口部の斜行柵群による視程と風速の緩和対策松下 拓樹(雪氷チーム)/櫻井 俊光(雪氷チーム)/松島 哲郎(雪氷チーム)/吉井 昭博(雪氷チーム)/遠藤 康男(雪氷チーム)/西村 敦史(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第825号
19年02月12日国際雪科学ワークショップ(ISSW)2018に参加して 松下 拓樹(雪氷チーム)/高橋 渉(雪氷チーム)/幸田 勝(寒地機械技術チーム)/太田 広(特別研究監)寒地土木研究所月報 第789号
18年05月10日短時間多量降雪時の雪崩発生リスクを簡便に把握する手法 松下 拓樹(雪氷チーム)/高橋 渉(雪氷チーム)/松澤 勝(寒地道路研究グループ長)寒地土木研究所月報 第780号
19年05月10日雪崩発生条件を満たす降雪事例の頻度解析松下 拓樹(雪氷チーム)/高橋 渉(雪氷チーム)/高橋 丞二(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第792号
20年07月10日気象データを用いた短時間多量降雪時の雪崩発生頻度の推定松下 拓樹(雪氷チーム)/高橋 渉(雪氷チーム)/高橋 丞二(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第807号
17年09月24日広葉樹林内における乾雪表層雪崩の発生条件について松下 拓樹(雪氷チーム)/高橋 渉(雪氷チーム)/櫻井 俊光(雪氷チーム)/原田 裕介(雪崩・地すべり研究センター)/松澤 勝(雪氷チーム)雪氷研究大会(2017・十日町)
ページの先頭へ
 検索トップヘ

© 2023 Civil Engineering Research Institute for Cold Region, All rights reserved.