シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード      
発表年月日 論文等名 著者 発表先
22年07月08日泥炭地大区画水田における貫入抵抗の圃場内分布と盛土・泥炭土性状との関係長竹 新(資源保全チーム)/奥田 涼太(資源保全チーム)寒地土木研究所月報 第833号
22年07月08日北海道で普及した「木コンクリート橋」の歴史的価値について岩田 圭佑(地域景観チーム)寒地土木研究所月報 第833号
22年07月08日耐寒剤を用いたコンクリートの養生方法長谷川 諒(耐寒材料チーム)寒地土木研究所月報 第833号
22年07月08日出水による河床変動に対応する橋台背面盛土構造の数値解析野村 孝志(寒地地盤チーム)/林 宏親(寒地地盤チーム)寒地土木研究所月報 第833号
22年07月08日超速硬系材料を用いた修復箇所のはつり面改善による凍害劣化対策の検討内田 侑甫(耐寒材料チーム)/内藤 勲(耐寒材料チーム)/島多 昭典(耐寒材料チーム)寒地土木研究所月報 第833号
22年06月29日地盤変動を考慮した沿岸域の海面水位上昇量の分析方法野村 明弘(北日本港湾コンサルタント(株))/石川 浩希(北日本港湾コンサルタント(株))/佐藤 典之(北日本港湾コンサルタント(株))/早川 哲也(国土交通省北海道開発局)/岩﨑 慎介(寒地土木研究所)/大塚 淳一(寒地土木研究所)/森 信人(京都大学)/渡部 靖憲(北海道大学 )土木学会論文集B3(海洋開発)
22年06月23日植物繊維を用いた重金属類を含む水の濃度低下に向けた人工水路での実験例岡﨑 健治(防災地質チーム)/倉橋 稔幸(防災地質チーム)/榊原 正幸(愛媛大学)第27回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演概要集
22年06月18日北海道で普及した「木コンクリート橋」の技術的特徴について岩田 圭佑(地域景観チーム)/原口 征人(北海道開発技術センター)/榎本 碧(地域景観チーム)/今 尚之(北海道教育大学札幌校)土木学会 第42回土木史研究発表会
22年06月13日救急排水機場用水中ポンプ(100kW級)の実機による異常模擬試験小林 勇一(寒地機械技術チーム)/永長 哲也(寒地機械技術チーム)日本設備管理学会 2022年度 春季研究発表大会
22年06月10日局所流・上昇流に対する護床ブロックの安定性について矢部 浩規(寒地水圏研究グループ長)/大串 弘哉(寒地河川チーム)/平松 裕基(寒地河川チーム)寒地土木研究所月報 第832号
22年06月10日降雪終了後の雪崩発生判断手法について松下 拓樹(雪氷チーム)/吉井 昭博(雪氷チーム)/西村 敦史(雪氷チーム)寒地土木研究所月報 第832号
22年06月10日大規模地震災害時における幹線用水路の事業継続性の強化大久保 天(水利基盤チーム)寒地土木研究所月報 第832号
22年06月10日積雪地における自動運行補助施設「磁気マーカ」の施工宗広 一徳(寒地交通チーム)/倉田 和幸(寒地交通チーム)/新保 貴広(寒地機械技術チーム(現 国土交通省 北海道開発局 事業振興部 機械課 調査係長))/畠山 乃(寒地交通チーム)寒地土木研究所月報 第832号
22年06月10日古くて新しいポットホールの話木村 孝司(寒地保全技術研究グループ長)寒地土木研究所月報 第832号
22年06月10日複雑な事故要因を有する生活道路等に有効な交通安全診断支援ツールの開発四辻 裕文(寒地交通チーム)/奥村 航太(寒地交通チーム)/平澤 匡介(寒地交通チーム)/伊東 靖彦(寒地交通チーム)寒地土木研究所月報 第832号
22年06月10日春うらら伊東 靖彦(寒地交通チーム)寒地土木研究所月報 第832号
22年06月10日より良いインフラをつくるための景観予測・評価の手順と手法田宮 敬士(地域景観チーム)/笠間 聡(地域景観チーム)/松田 泰明(地域景観チーム(現 北海道大学 工学部非常勤講師))寒地土木研究所月報 第832号
22年06月10日ラウンドアバウトにおける運転挙動と安全性評価について布施 浩司(寒地交通チーム)/宗広 一徳(寒地交通チーム)/倉田 和幸(寒地交通チーム)/畠山 乃(寒地交通チーム)寒地土木研究所月報 第832号
22年06月10日3年ぶりの寒地土木研究所一般公開「さあ出発だ!技術の未来へ」~7月8日(金)、9日(土)~コロナ対策のため、事前予約が必要となります小松 陽一(寒地技術推進室)寒地土木研究所月報 第832号
22年06月10日上野千草 研究員 博士(工学)の学位を授与される丸山 記美雄(寒地道路保全チーム)寒地土木研究所月報 第832号
ページの先頭へ
 検索トップヘ

© 2023 Civil Engineering Research Institute for Cold Region, All rights reserved.