シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

論文・刊行物検索のトップページへ

検索結果

検索キーワード    
発表年月日 論文等名 著者 発表先
22年11月10日数値シミュレーションによる地下かんがい時の水分移動に関する一考察奥田 涼太(資源保全チーム)/長竹 新(資源保全チーム)/清水 真理子(資源保全チーム)寒地土木研究所月報 第837号
22年11月10日氷海域における津波防災に関する研究と今後の課題について木岡 信治(寒冷沿岸域チーム)/石田 麻衣子(前 寒冷沿岸域チーム)寒地土木研究所月報 第837号
22年11月10日融雪水の車道部流入抑制を目的とした路肩部切削・研削処理について佐藤 圭洋(寒地道路保全チーム)/丸山 記美雄(寒地道路保全チーム)寒地土木研究所月報 第837号
22年11月10日大雪予報を活用した堆雪断面積予測についての基礎的検討飯田 美喜(寒地機械技術チーム)/植野 英睦(寒地機械技術チーム)/吉田 智(寒地機械技術チーム)寒地土木研究所月報 第837号
22年11月10日オオイタドリの生育抑制に関する検討 -メッシュシートによる被覆-佐藤 厚子(寒地地盤チーム)/林 宏親(寒地地盤チーム)/三原 慎弘(寒地地盤チーム)寒地土木研究所月報 第837号
22年11月10日ダムと観光と土木技術伊藤 禎朗(研究連携推進監)寒地土木研究所月報 第837号
22年11月10日火山灰質地盤における鋼管杭基礎の液状化対策に関する検討江川 拓也(寒地地盤チーム)/林 宏親(寒地地盤チーム)/磯部 公一(北海道大学大学院 工学研究院 土木工学部門 准教授)寒地土木研究所月報 第837号
22年10月10日時に寄り添う森 健二(水産土木チーム)寒地土木研究所月報 第836号
22年10月10日雪氷路面における乗用自動車の燃費計測手法について紅林 俊(寒地道路保全チーム)寒地土木研究所月報 第836号
22年10月10日寒地土木研究所一般公開 ~さあ出発だ!技術の未来へ~小松 陽一(寒地技術推進室)寒地土木研究所月報 第836号
22年10月10日耐寒材料チームの研究紹介島多 昭典(耐寒材料チーム)寒地土木研究所月報 第836号
22年10月10日AIを利用した排水機場ポンプ設備の異常検知システムについて戸川 卓治(寒地機械技術チーム)/中島 淳一(寒地機械技術チーム)/永長 哲也(寒地機械技術チーム)/平地 一典(寒地機械技術チーム(現 土木研究所 つくば中央研究所 技術推進本部 先端技術チーム 主任研究員))寒地土木研究所月報 第836号
22年10月10日平成28年8月北海道豪雨に伴うパンケヌーシ川の河床変動による土砂流出水垣 滋(水環境保全チーム)/村上 泰啓(水環境保全チーム(現 国土交通省 北海道開発局 札幌開発建設部 河川計画課 事業専門官))/巖倉 啓子(水環境保全チーム(現 国土交通省 北海道開発局 事業振興部 都市住宅課長))寒地土木研究所月報 第836号
22年10月10日2016年台風10号接近時に太平洋沿岸の港湾で生じたWave setupについて大塚 淳一(寒冷沿岸域チーム)/岩﨑 慎介(寒冷沿岸域チーム)寒地土木研究所月報 第836号
22年10月10日直接基礎橋脚の洗掘被災要因の数量化理論Ⅱ類による定量的分析角田 富士夫(寒地地盤チーム)/林 宏親(寒地地盤チーム)/江川 拓也(寒地地盤チーム)寒地土木研究所月報 第836号
22年10月10日UAV撮影から得た立面オルソ画像による岩盤斜面における落石発生源の抽出川又 基人(防災地質チーム)/坂本 尚弘(防災地質チーム)/日外 勝仁(防災地質チーム)/倉橋 稔幸(防災地質チーム)寒地土木研究所月報 第836号
22年10月10日データ活用型技術の展開について安中 新太郎(寒地基礎技術研究グループ長)寒地土木研究所月報 第836号
22年10月10日「観光地の魅力向上に寄与する屋外公共空間のパターン」に関する研究成果と「観光地等の屋外公共空間の診断マニュアル」について笠間 聡(地域景観チーム)/松田 泰明(地域景観チーム(現 北海道大学 工学部 非常勤講師))寒地土木研究所月報 第836号
22年09月10日「道の駅」を創る石田 樹(特別研究監)寒地土木研究所月報 第835号
22年09月10日塩分作用下におけるコンクリートのスケーリング抵抗性評価試験法の提案吉田 行(耐寒材料チーム)/島多 昭典(耐寒材料チーム)寒地土木研究所月報 第835号
ページの先頭へ
 検索トップヘ

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.